スポンサーリンク



人間関係

高校で友達できるか不安!親しい友人いない、なかなかできない時、クラスでの作り方

中学を卒業したばかり。

高校で友達ができるか不安・・・。
新しい友人居ない中、学校へ行くことが怖い。

新しい世界に飛びこむことは
楽しみもあるけれど不安もありますよね。

私も中学を卒業した後、
高校へ入る時は不安だらけでした。

クラスには誰も知り合いがいないからです。

その中で、友達ができなかったらどうしよう。

ぼっちになったらつまらないし辛いなぁ。
と考えていました。

実際、クラスはランダムで決められます。

あの子と仲が良いから同じクラスにしてほしいと頼んでも
一緒にはしてくれないんですよね。

たった一度の学校生活、

3年間ほどだけど、若い時の3年は大きいものですよね。

仲が良い人がいるのかいないのかによっては、
毎日楽しいのかつまらないのかも変わってきます。

入学式、高校生活、友達の作り方

まずは話しかけること

クラスの中で早く友達が欲しいなら、とりあえず話しかけることです。

ただ、話しかけるなら誰でもいいわけではありません。

自分と合いそうな人、話してみてノリが合うと感じた人です。

ノリが合う人なら、友人になれます。

相手と話していて楽しい、安心する。

こうした感情が居心地が良い人なので、友人になりやすいのです。

気が合いそうな人を見つけて、自分から話しかけていくことが友人作りの第一歩です。

話しかける時は笑顔で感じ良くしよう

人に話しかける時には、安心感を持ってもらえることが大事です。

友達になりたいと思われる人は、

自分と似ている、笑顔で良い印象。

自分のことを好きそう。

話しが合いそう。

良いイメージを持ってもらうことが大事です。

人間関係は最初が肝心。

とりあえず笑顔で話しかけていましょう。

共通の趣味が合う人を見つける

同じ趣味がある人は、親しくなれるスピードが早いです。

マニアックな趣味でも良いし、好きな芸能人や音楽が好きな人は

話が合いますね。

話題がまったく合わない人は、何を話して良いのかわからず沈黙になってしまいます。

好きな芸能人が同じなら、見ているドラマや
映画なども似ている可能性が高いので、そうした話題で盛り上がりやすいです。

楽しそうにしていると、周りの友人たちも集まってきてくれる場合もあります。

同じ部活の人と仲良くなる

クラスの中で、同じ部活を選ぶ人は貴重です。

部活が同じ、好きなことが似ている、といった共通点があると

仲良くなれるポイントは高いです。

やはり友達になれる人は、会話をしていて楽しいと感じる人なので、

好きなことが同じ、というのは良いですよね。

毎日会話していて、楽しいと感じる人と仲良くなりたいです。

同じクラスの中でも、時間が経つと、だんだんとグループが出来てきます。

最初に話してみて良さそうと思っても、

何らかの理由でやっぱりこの人とは合わないかも。

と感じる出来事もあったりします。

それはそれで仕方がないです。

クラスの中でも、この人が一番仲の良い人。

そうした人がきっと見つかるはず。

もし、時間が経ってもなかなか仲良くなれないなら、

趣味に没頭しましょう。

高校生なら、マンガやゲームに夢中になっている人が多いので、

そうした共通点があれば会話も盛り上がります。

好きなゲームやマンガ、音楽など会話のネタになりそうなことは

どんどん没頭していきましょう。


スポンサーリンク




-人間関係

© 2022 サンシャインライフ