いじってくる人がめんどくさい、人をいじる人の心理





いじってくる人がめんどくさいというのは、よくある感覚だと思います。

いじってくる人は、単に冗談を言っているつもりかもしれませんが、

言われた側にとっては、嫌な思いをすることもあります。

いじられキャラというのは、愛されている証拠でもあります。

この人は優しいし、怒らなさそう、穏やかだし

ちょっと抜けている。

といった点で人をいじる人もいますが、

いじられているほうとしては、そのことで不快に感じたり、疲れる

この人苦手だな・・・と思うこともありますよね。

バカにされているように感じたり、軽く見られているのではないかと感じると非常に不快です。
また、周りの人からもそうゆう目で見られるようになるので、
嫌な気持ちになりますね。

仕事でお笑い芸人として生きているなら、それでもいいかもしれませんが、
日常生活や学校でいじられキャラが定着するのは嫌だ・・・と思う人もいます。

面白い反応をしなければならないものなのか・・・

とにかくいじってくるタイプの人は、相手が不快に感じていることに気づいていません。

無自覚で楽しんでいるので、いじめ加害者と同じなんですよね。

いじってくる人の言動が自分を傷つけていると感じている場合

いじってくる人の言動が、自分を傷つけていると感じている場合は、

そのことをはっきりと伝えることが大切です。

「そんなこと言われると、傷つくんだよ」

「冗談でも、そこまで言われると嫌だ」

など、自分の気持ちを素直に伝えましょう。

自分がいじられキャラとして見られていることに、

嫌悪感を抱いている場合は、いじられキャラから脱却する方法を考えてみましょう。

いじられたときのリアクションを減らす

いじられたとき、笑ったり、怒ったり、悲しんだりといったリアクションをすると、いじってくる人にとっては反応が面白いので、またいじりたくなります。そのため、いじられたときのリアクションを減らすようにすると、いじられにくくなります。

いじられることを受け入れる

いじられることを完全に避けることは難しいかもしれません。

そのため、いじられることを受け入れるようにするのも一つの方法です。

いじられても、気にしないという姿勢を見せることで、いじってくる人も飽きて、

やめてくれるかもしれません。

もし、いじってくる人が自分を傷つけていると感じている場合は、一人で悩まずに、

信頼できる人に相談するのもよいでしょう。




Translate »