会わないのが本当の愛?真実の愛に巡り合いたい

「会わないのが本当の愛」という言葉は、
イギリスのことわざである
「Absence makes the heart grow fonder.」の訳です。

直訳すると「不在は心をより恋しくさせる」という意味になります。

会えないことで相手の存在をより大切に思うようになる、
という考えに基づいています。

会っているときは当たり前のように感じていた相手の良いところや、
会えないからこそ恋しくなるような相手の魅力に気づくことができるのです。

また、会えないことでお互いの気持ちを確かめ合う機会が増える、
というメリットもあります。

会えないからこそ、連絡を取り合うことや、
会ったときに会話を楽しむことが大切になります。

そうすることで、お互いの愛情を確かめ合うことができ、より深い関係を築くことができるのです。

もちろん、会えない時間が長すぎると、相手への気持ちが薄れてしまう可能性もあります。そのため、会えない期間が長い場合は、定期的に会う機会を設けたり、連絡を取り合ったりして、お互いの存在を意識しておくことが大切です。

「会わないのが本当の愛」という言葉は、会えないことで愛情が深まる可能性を示唆しています。しかし、それはあくまでも可能性であり、必ずしも会えないことが愛情の深さにつながるとは限りません。

最終的には、お互いの信頼関係や、会えない時間をどのように過ごすかが、
愛情を深めるかどうかの鍵となるでしょう。






Translate »
テキストのコピーはできません。