好き好き言われると好きになる?





「好きと言われると好きになる」というのは、
心理学において「好意を伝えられると、自分もその相手を好きになる」という心理現象があります。

「好き好き」と言われると、自分のことを認めてもらえた、

大切にしてもらえたと感じ、承認欲求が満たされます。

そうすると、その相手に好意を抱きやすくなると考えられます。

「好き好き」と言われると、その相手に何が魅力的なのだろうかと
好奇心が刺激されます。

そうすると、相手をよく知ろうとする機会が増え、
その結果、相手を好きになる可能性も高くなると考えられます。

好き好きと言われていると、恋愛対象じゃなくても、
ひとまず相手のことは好印象にはなっていくものです。

この人は、自分のことをいつも好きと言ってくれてる、と安心感や親近感が湧いて、
仲良くなりたい、
この人はいつも自分に良くしてくれてるので、良くしてあげたい。

なにかあったら助けたい、と考えるものです。

人は好きと言われたら、相手がだれであれ、嬉しいものです。

職場の後輩なら、かわいがってもらえる存在になれるはず。

ただ、それは人としては好きになる可能性は高いけれど、
恋愛の相手となるとまた別ですね。

しかし、好き好きと言われても好きにならない可能性があります。

そもそも相手に好意を持っていない場合

相手に好意を持っていなければ、いくら「好き好き」と言われても、
その気持ちに共感することができず、好きになることはありません。
相手にとって、好みのタイプではない場合、恋愛対象として見てもらえるのは難しいです。

相手に嫌な印象を持っている場合

相手に嫌な印象を持っている場合、いくら「好き好き」と言われても、
その気持ちを受け止めることができず、好きになることはありません。

また、いくら好きと言われても、
その相手と実際に会って、性格や価値観などを確認することで、
相手のことを好きになるかどうかを判断することもできます。

つまり、好き好きと言われたからといって、
すぐに好きになるかどうかは、その人の性格や状況によって異なります。




Translate »