目を合わせてくれないのは嫌われてる?





目を合わせてくれないことで、嫌われているのではないかと感じる気持ちは
よくわかります。

確かに、人と目を合わせることは、相手に興味や誠実さを示すことと
捉えられることが多いため、目を合わせてくれないと、
相手に嫌われているのではないかと不安になるかもしれません。

しかし、目を合わせないことには、嫌われている以外にも、
さまざまな理由が考えられます。

人と目を合わせるのが苦手な人がいる
恥ずかしがり屋な人がいる
集中力が切れている人がいる
相手の目を見るのが怖いと感じている人がいる
相手の表情や感情を読み取るのが苦手な人がいる

などです。

もし、相手の目線が常に下を向いているようなら、
単に恥ずかしがり屋なのかもしれません。

また、会話中に目を合わせていない場合は、
会話に集中していないのかもしれません。

相手の目が、時々あなたに向いている場合は、
あなたに興味を持っている可能性があります。

一方、常に目をそらしている場合は、あなたに嫌悪感を持っている可能性もあります。

あまり話すことがない、親しくはないから目があっても、気まずいだけなので、
意図的に目を合わせないようにしている場合もあります。

相手があなたを嫌っている可能性もゼロではありません。




Translate »
テキストのコピーはできません。