何考えてるかわからないと言われるのは悪口なのか?





「何考えてるかわからない」という悪口は、
相手が自分の行動や言動を理解できない、
予測できない、という不信感や不安感を表すものです。

相手の行動や言動が、自分の価値観や常識と合わない
自分の意図や期待と違う
相手の行動や言動が、不合理である、または不可解である

「何考えてるかわからない」という悪口は、相手を批判したり、
攻撃したりする意図で使われる場合もありますが、
単に相手のことを理解できない、という無力感や戸惑いを表す場合もあります。

「何考えてるかわからない」という悪口を言われた場合、
まずは相手がなぜそう思ったのか、その理由を理解することが大切です。

もし、相手が自分の行動や言動を理解できない、予測できない、
という不信感や不安感を持っているのであれば、
自分の行動や言動を相手に説明したり、
自分の価値観や常識を相手に伝えたりするなどして、相手との理解を深める努力をしましょう。

「何考えてるかわからない」という悪口は、
相手とのコミュニケーションの行き違いから生まれることが多いものです。

相手とのコミュニケーションを円滑にするためにも、
相手の気持ちを理解し、自分の考えや意図を相手に伝える努力をすることが大切です。

また、悪口を言う相手が、自分のことを悪く言っているのではなく、
単に自分のことを理解できない、という無力感や戸惑いを持っている
場合もあることを理解しておくとよいです。




Translate »
テキストのコピーはできません。