ママ友付き合いはめんどくさい?





ママ友付き合いが面倒だと感じる理由

ママ友を作ると面倒なので、ひとりもいない、というママもいたりしますよね。

ただ、ひとりもいないと学校の情報を教えてくれる人もいないし、
なにかあった時には困りますね。

ママ友付き合いには、子どもの送迎や遊びの約束、ママ友会の参加など、時間と労力を要することが多いのが特徴です。特に、子どもが小さいうちは、仕事や家事と両立するのが大変で、ママ友付き合いに時間を割きたくないと感じることもあります。

ママ友付き合いでは、子どもの教育方針や価値観の違いから、人間関係のストレスを感じる人も多いです。また、噂話や悪口を言うママ友や、自分の都合ばかり押し付けてくるママ友など、付き合いが面倒なママ友がいると、さらにストレスが増します。

ママ友付き合いでは、子どもの話題が中心となることが多いため、自分の興味や関心とマッチしないと感じる人も多いです。また、ママ友が自分とは違う価値観を持っていて、価値観のズレを感じると、付き合いが面倒に感じることもあります。

ママ友付き合いが面倒だと感じるときは、無理をして付き合い続ける必要はありません。自分の気持ちや状況に合った付き合い方をすることが大切です。

ママ友付き合いをほどよい距離感で続けるためのコツ

無理のない範囲で付き合う
ママ友付き合いは、無理のない範囲で付き合うことが大切です。子どもの送迎や遊びの約束は、必ずしも毎回参加する必要はありません。また、ママ友会も、忙しいときは無理に出席する必要はありません。

ママ友付き合いでは、自分の価値観を大切にすることも大切です。子どもの教育方針や価値観の違いから、人間関係のストレスを感じている場合は、価値観が合うママ友と付き合うようにしましょう。

それでも、ママ友付き合いがどうしても面倒だと感じる場合は、距離を置くことも大切です。ママ友との連絡を減らしたり、ママ友会の誘いを断ったりすることで、ストレスを軽減することができます。

ママ友付き合いトラブルで多いもの

1位:悪口や噂話
2位:グループ化
3位:子どもの教育方針
4位:子どものトラブル
5位:金銭問題

1位の「悪口や噂話」は、ママ友トラブルの代表格です。

子どもの送迎やママ友会などで、他のママ友の悪口や噂話をするママ友がいます。
女性って、思ったことをすぐに共感したい人がいるのか、すぐに他の人に愚痴を言う人っていますよね。

悪口や噂話は、本人に知れ渡ると大きなトラブルに発展する可能性があります。

2位の「グループ化」も、ママ友トラブルの原因のひとつです。ママ友同士でグループ化し、他のママ友を排除するようなことが起こると、グループ外のママ友は孤立感や疎外感を感じてしまいます。

3位の「子どもの教育方針」は、ママ友同士の価値観の違いから起こるトラブルです。子どもの習い事や食育など、子どもの教育方針について意見が対立すると、ママ友関係がギクシャクすることがあります。

4位の「子どものトラブル」は、子ども同士のトラブルや、ママ友の子どもがケガをさせてしまうなどのトラブルです。子ども同士のトラブルは、両親同士のトラブルに発展する可能性もあります。

5位の「金銭問題」は、ママ友同士でお金のやり取りをする際に起こるトラブルです。お弁当代やお茶代などの細かいお金のやり取りや、ママ友会などの費用をめぐってトラブルになることがあります。

ママ友付き合いは、子どもの成長をサポートしてくれる大切なものです。

しかし、無理をして付き合い続けると、自分や子どもにとってもマイナスになってしまいます。自分の気持ちや状況に合った付き合い方を見つけて、ストレスのないママ友付き合いをすることが大事です。




Translate »
テキストのコピーはできません。