結婚に向かない人のたったひとつの特徴




結婚に向いている人もいれば、
向いていないタイプの人もいます。

結婚は好きな気持ちだけではできないのも
また事実。

結婚に向かない人のたったひとつの特徴は、
「相手を思いやる気持ちがない」ことです。

結婚生活は、お互いを思いやり、支え合いながら歩んでいくものです。

相手を思いやる気持ちがなければ、相手の気持ちを理解することができず、
衝突や不満が生まれやすくなります。

また、相手を思いやる気持ちがなければ、困っているときに手を差し伸べることができず、
相手を孤立させてしまうことにもなりかねません。

自分の気持ちや考えばかりを優先する人
相手の気持ちや考えを理解しようとしない人
相手の困っているときに手を差し伸べない人
相手の気持ちを傷つけるような言動をする人

これでは、一緒に生活をしていても、喧嘩ばかり、
言い争いばかりで、お互いに幸せとは言えないような日々になってしまいます。

もちろん、誰しも時には相手を思いやる気持ちが不足してしまうこともありますね。
仕事で疲れて帰った時や、子育てが辛い時、
なかなか眠れない時、子育てや家事を自分だけが負担していると感じた時・・・

つい、ストレスや疲れから相手に八つ当たりをしたり、
嫌味な言い方をして嫌な思いをさせてしまうこともあるかもしれません。

しかし、それが常態化してしまえば、結婚生活を継続することは難しくなります。

結婚生活を良いものにするためには、相手を思いやる気持ちを大切にすることが大切です。




Translate »
テキストのコピーはできません。