話がわかりやすい人とわかりにくい人の違い

話がわかりやすい人は、相手が理解しやすい言葉を選んで話します。

専門用語や難しい言葉を使う場合は、その意味を説明したり、
例を挙げたりして、相手に理解してもらいやすくします。

一方、話がわかりにくい人は、自分の知っている言葉や好きな言葉をそのまま使ってしまい、
相手が理解できないことがあります。

また、専門用語や難しい言葉を多用すると、
相手は理解するのに時間や労力がかかり、話に集中できなくなってしまいます。

話がわかりやすい人は、話の始めに結論を述べ、その後に理由や根拠を説明します。

また、話の流れをわかりやすくするために、段落分けや見出しをつけたり、
繰り返しや言い換えをしたりします。

一方、話がわかりにくい人は、結論を述べずに、
いきなり理由や根拠から話を始めたり、話の流れがわかりにくかったりします。

また、同じことを何度も繰り返したり、似たような言葉を使いすぎていたりすると、
聞き手は混乱してしまい、話の内容が理解できなくなります。

話がわかりやすい人は、聞き手が理解しやすいように、
声のトーンやリズムを工夫して話します。

また、ジェスチャーや表情を交えて、話にメリハリをつけます。

一方、話がわかりにくい人は、声が小さかったり、
早口だったり、単調だったりすると、聞き手が聞き取りにくくなります。

また、ジェスチャーや表情が少ない場合は、話に説得力や熱意が伝わりにくくなります。

このように、話がわかりやすい人は、相手を意識して、言葉の選び方、
話の構成、話し方を工夫して話します。

一方、話がわかりにくい人は、自分の言いたいことだけを
一方的に話してしまい、相手を置き去りにしてしまう傾向があります。

話がわかりやすくなれば、仕事やプライベートでのコミュニケーションが円滑になり、
人間関係の構築や信頼関係の形成にも役立ちます。

また、プレゼンテーションやスピーチなどでも、

話がわかりやすくなれば、より効果的に自分の考えや意見を伝えることができます。

話が上手になる方法

相手を意識して、わかりやすい言葉を選ぶ
話の流れをわかりやすくするために、段落分けや見出しをつける
声のトーンやリズムを工夫して、聞き取りやすくする
ジェスチャーや表情を交えて、話にメリハリをつける

また、日頃から話を聞く際も、相手の話の構成や話し方を意識して聞いてみると、
話がわかりやすくなるためのヒントが得られるかもしれません。






Translate »
テキストのコピーはできません。