人によって態度を変えるママ友がいて嫌な思いをしている?

ママ友関係は、お互いの子どもの成長を見守り、情報交換をしたり、
助け合ったりしながら、楽しい時間を過ごすものです。

しかし、中には人によって態度を変えるママ友もいます。

誰しも、親しい人と今日はじめて会った人など、
少々態度に違いがあることは仕方ないですが、
あからさまに無視をする、嫌な態度をとる人がいたら、
嫌な気持ちになりますね。

自分の本心を隠して、周囲に合わせることで、自分を守ろうとしています。そのため、周りのママ友から好かれたい、嫌われたくないという気持ちが強いと言えます。

子どもが同じ習い事に通っているママ友や、PTAの役員など、自分にとって重要な人には良い顔をして、そうでない人には冷たい態度をとったり、嘘をついたりします。

自分の価値観や考え方を押し付けるために、態度を変えています。

そのため、自分の考えに賛同する人には優しく、そうでない人には冷たい態度をとったり、攻撃的な態度をとったりします。

人によってあからさまに態度を変えると、良くないことはあります。

周りのママ友から信用されない
ママ友関係がうまくいかない
子どもに悪影響を与える

ママ友関係の悪化
子どものいじめ
PTAなどの学校行事のトラブル

そのため、人によって態度を変えるママ友とは、距離を置くことが大切です。

関わりを減らすことで、ママ友関係に深く関わることを避けることができます。連絡を控えることで、ママ友との接触を減らすことができます。関わらないようにすることで、ママ友との接触を完全に断つことができます。

人によって態度を変えるママ友とは、距離を置くことが大切です。






Translate »
テキストのコピーはできません。