スポンサーリンク



人間関係 生活の知恵

友達が減っていくのが大人の証です友達と遊ぶのがめんどくさい社会人?

最近、友達と遊んでいないな。

いつも休日はひとり。。。

そんな思いを抱えていませんか?

学生の頃は、友達と遊んでばかりだった。

でも、大人になると、だんだんと友達が減っていくんですよね。

悲しいけれど、それは仕方のないこと。

大人になった証でもあります。

あんなにも仲良くしていた友達でも、だんだんと疎遠になっていく。

それは仕方のないことなのかもしれない。

いつまでも、同じ状態ではいられない。

学生を卒業して、それぞれの道が変わっていく。

新しい環境で、新しい人と出会い、

すれ違っていく。

話していても、相手の知らないことばかりになっていく。

生きていると、さまざまなことが変化していく。

遠距離の恋人と別れることになるのもそうゆう感じで、
お互い知らない、わからない、分かり合えない心の距離が
知らぬ間に出来ていくから。

友人関係でも共通の話題がへっていくと、
居心地が悪くなる。

特に女性の友人関係は、相手の結婚や出産、子育てのことで
変化しやすい。

この人とは永遠に仲良くいられる、そう気が合うほどの友人でも、
お互いの結婚や子育て事情によっては、
居心地の悪いものになっていったりする。

独身と既婚では完全に話が合わない

なんとなく疎遠になり、そのままフェードアウト

なんてことになるのが現実。

それでも仲良くしていたい。

そう思う友人なら、年賀状を送り合う。

たまにラインやメールで連絡をする

近況を知ろうと努力していくことは大切だなと感じる。

自分から連絡をする、

ということをしていれば
相手も、この人は自分と仲良くしてくれている
と安心感が湧く。

フェードアウトしないように
大人の関係を続けるためには、それなりの気遣いや努力も必要。

大人になるたび、友人は減っていく。

これは誰しも受け入れていくしかない現実。

そして、ひとりでも行動できるのが大人の証拠でもある。

必要な時は接して、
日頃はひとりでもなんでもできるようになる。

それが大人の階段を進んでいく証。


スポンサーリンク




-人間関係, 生活の知恵

© 2023 サンシャインライフ