悪口を言われた時、ポジティブに受け止めるには




悪口は相手の問題である

悪口は、言われた側の問題ではなく、言った側の問題です。

相手が何かしらの不満や怒り、嫉妬などを抱えているからこそ、悪口を言うのです。

そのため、悪口を言われた時は、まずは「相手は何か問題を抱えているんだな」と理解することが大切です。

幸せな人は他人にいじわるなことをしない、という名言を覚えておくことです。

相手に言われた言葉で自分が傷ついてしまったら、元も子もありません。

いつも日常的に悪口を言っている人がいたら、あの人はそうゆう病なのかな・・
かわいそう・・・と思っておくのが一番です。

最終的には悪口ばかり言う人といても疲れますし、プライベートでは関わりたくありません。

悪口の中には、自分の欠点や改善点を指摘するものもあります。
そのような悪口は、自分の成長のチャンスと捉えることができます。
悪口を言われた時は、その言葉を素直に受け止め、自分の成長に役立てましょう。

悪口に反応しない

悪口に反応してしまうと、相手にエネルギーを与えてしまいます。
悪口を言われた時は、なるべく反応せず、無視するのがベストです。

もし、どうしても反応しなければいけない場合は、
冷静に言い返したり、笑い飛ばしたりするなど、
相手にエネルギーを与えない方法をとるようにしましょう。

もちろん、悪口を言われた時の感情を完全にコントロールすることは難しいでしょう。

自分を卑下しない

悪口を面白い返し方で返すためには、自分を卑下しないことが大切です。

自分を卑下してしまうと、相手に「気にしているんだな」と
悟られてしまいます。あくまでも、悪口を笑い飛ばすような返し方をしましょう。




Translate »
テキストのコピーはできません。