他の人には優しいのに自分にだけ冷たい上司がいて悩む?自分にだけ無愛想な人が職場にいる・・・





意地悪な人は、自分自身の満たされない思いや、
劣等感などを相手にぶつけていることが多いものです。

他の人には優しいのに自分にだけ冷たいって嫌ですよね。

ただ、こうゆう人は、それが本性なのです。

例えば、会社で社長や上司、上の立場の人には愛想が良いということは、
上下関係で見ているだけです。

上の立場の人だから優しくしているだけなのかもしれません。

新人さんには冷たい、人によって態度を変える人は、
いずれは、評判が悪くなります。

本当に幸せな人は他人にいじわるなことをしない、
とよく言われますが、
つまり、その人は、あまり幸せではない証拠です。

もしかしたら、本当はここにいる会社が辞めたいと思っているのに、
仕方なく働きに来ていて、ストレスを溜めているのかもしれません。

その八つ当たりに、優しい人や新人さんが冷たくされている、
ということも考えられます。

意地悪な人の行動に振り回されて、自分自身が傷ついてしまうことは避けたいものです。

意地悪な人の心理を理解することで、
相手の行動に振り回されにくくなります。

意地悪な人の心理

嫉妬
劣等感
ストレス
不安
承認欲求

意地悪な人は、自分より優れている人や
自分より幸せそうな人に対して、嫉妬や劣等感を感じていることがあります。

また、仕事やプライベートでストレスを抱えている場合、
それを相手にぶつけてしまうこともあります。

さらに、不安や承認欲求を満たすために、相手をコントロールしようとすることもあります。

意地悪な人の行動に反応してしまうと、
相手はさらに意地悪をしてしまう可能性があります。

意地悪な人の行動を無視することが大切です。

学校のいじめなども、実は無反応がいいのです。

無視するときは、相手を怒らせたり、
傷つけたりするような言動は避けましょう。

また、相手に構わないように、自分自身を守ることも大切です。

どうしても意地悪な人の行動に耐えられない場合、
距離を置くことも一つの方法です。

距離を置くためには、職場や学校など、
その人がいる場所を避ける、連絡先を交換しない、
SNSでつながらないなどの工夫をしましょう。

もし、意地悪な人の行動がひどい場合は、信頼できる人に相談することも大切です。

家族や友人、信頼できる上司や教師などに相談することで、気持ちが楽になるだけでなく、解決策を一緒に考えてもらうことができます。

意地悪な人に悩んでいるときは、まずは自分の気持ちを落ち着かせることが大切です。

まずは、相手の言動を分析し、なぜ自分にだけ冷たいのかを理解することが大切です。

自分の言動や行動が相手の怒りや不快感を招いている可能性

相手の性格や価値観が自分に合っていない可能性

相手の嫉妬や劣等感の表れである可能性

相手の言動を無視する

相手の言動に反応してしまうと、相手はさらに冷たい態度を取る可能性があります。
そのため、相手の言動を無視することが大切です。

無視するときは、相手を怒らせたり、傷つけたりするような言動は避けましょう。
また、相手に構わないように、自分自身を守ることも大切です。

もし、相手の言動がひどい場合は、信頼できる人に相談することも大切です。家族や友人、信頼できる上司や教師などに相談することで、気持ちが楽になるだけでなく、解決策を一緒に考えてもらうことができます。

相手の言動に対して、自分を責めない
相手の言動を気にしすぎない
自分に自信を持つ
自分のことを大切にする

また、自分自身を大切にすることも大切です。
意地悪な人の行動に振り回されないように、自分自身を守る対策を講じましょう。




Translate »