本ページにはプロポーションが含まれています

部下のメンタルを追い詰めるダメな上司の特徴

シェアする





部下に過剰な業務量を課したり、
不可能な期限を設定したりすることで、
部下の心身に大きな負担をかけます。




部下に対する態度が威圧的

部下に対して、怒鳴ったり、暴言を吐いたり、
罵倒したりするなど、威圧的な態度で接することで、
部下の自信や自尊心を失わせます。

部下に対するフォローが不足

部下のミスを叱責するばかりで、
フォローやサポートを怠ることで、
部下は孤独感や不安感に襲われ、自信を失ってしまいます。

部下がミスをすると、怒鳴ったり、暴言を吐いたりする

部下が意見を言うと、無視したり、否定したりする

部下のプライドを傷つけるような言葉を言う、他人に陰口を言う、孤立させる

部下が悩んでいることを放置する、フォローがない

部下の成功を認めない、褒めない

このような上司の下で働いていると、
部下は常に不安や緊張にさらされ、
仕事への意欲やモチベーションを失ってしまいます。

ひどい場合には、うつ病などの精神疾患を発症する可能性もあります。

ダメな上司の下で働いている場合、
まずは上司との関係を見直すことが大切です。

上司と直接話し合い、自分の状況を理解してもらったり、
改善を求めたりしましょう。

それでも改善が見られない場合は、上司の上司や人事部に相談するのも一つの方法です。

var adstir_vars = { ver: "4.0", app_id: "MEDIA-52fbccec", ad...




シェアする

Translate »