レベルが上がると付き合う人が変わる?

レベルが上がると付き合う人が変わるという考えは、
「類は友を呼ぶ」という言葉で表現されます。

「類は友を呼ぶ」とは、同じ価値観や考え方を持つ人は、
自然と集まってくるという意味です。

つまり、自分が成長してレベルが上がると、
価値観や考え方も変化します。

その結果、同じレベルの価値観や考え方を持つ人と付き合うようになり、
付き合う人が変わってくるということです。

価値観や考え方が変化する
行動範囲や行動パターンが変わる
出会う機会が変わる

価値観や考え方が変化すると、それまで仲良くしていた人
との価値観や考え方のギャップを感じるようになり、
疎遠になることがあります。

また、行動範囲や行動パターンが変わると、
それまで付き合っていた人との関わりが減り、
自然と付き合う人が変化していきます。

さらに、仕事や趣味などを通じて、新しい人と出会う機会が増えると、
その人と付き合うようになり、付き合う人が変化していきます。

もちろん、レベルが上がっても、昔からの友人と付き合い続ける人もいます。

レベルが上がると付き合う人が変わるというのは、必ずしも悪いことではありません。

同じレベルの価値観や考え方を持つ人と付き合うことで、
刺激を受け、さらに成長することができるからです。

また、新しい人との出会いを通じて、視野が広がり、新たな可能性を拓くことができるかもしれません。

ただし、レベルが上がって付き合う人が変わることで、
孤独感を感じたり、不安を感じたりすることもあるでしょう。
そのような場合は、自分を肯定し、自分の価値観を大切にすることが大切です。

友達と話が合わなくなってきたと感じるのは、誰にでも経験があるものですね。

人は成長するにつれて、価値観や考え方が変わることがあります。その結果、それまで仲良くしていた人との価値観や考え方のギャップを感じるようになり、話が合わなくなってくることがあります。

結婚や出産、仕事の転職など、ライフステージが変わると、
それまで一緒に過ごしてきた時間や共有する話題が減り、話が合わなくなってくことがあります。

もし、ライフステージの変化が原因であれば、
お互いのライフステージの違いを理解し合うことが大切です。

そのためには、お互いの生活や考え方について、
積極的に話し合うことが大切です。

また、お互いのライフステージに合わせて、付き合い方を工夫することも大切です。

もし、周囲の環境の変化が原因であれば、
新しい環境で出会った人と付き合い、新しい友達を作ることも一つの方法です。

また、昔からの友達との関係を大切にすることも大切です。






Translate »
テキストのコピーはできません。