旦那が嫌いで仕方ない40代50代の妻が多い?対処法はどうすれば?




好きで結婚したはずの旦那が嫌い。
と嘆く妻が多い。

40代50代ともなると、長年の付き合いの中で
ちりも積もった不満や思いがあったりする・・・・

そして、だんだんと旦那にイライラするとなってしまう時もありますね。

旦那が嫌いと感じている場合、まずはその原因を探ることが大切です。

夫の行動や言動が嫌い
夫への期待が叶っていない
夫の変化に戸惑っている
夫と自分の価値観が違う
夫との間にコミュニケーション不足がある

家事をしない
子どもにきちんと関わらない
お金を無駄遣いする
自分の話を聞いてくれない
いつも自分の意見を押し付けてくる
などが挙げられます。

もし、夫の性格や価値観によるものであれば、それを受け入れるか、夫婦で話し合って解決策を探るか、ということになります。

例えば、家事をしない夫に対しては、家事を分担するルールを決めたり、
家事の代行サービスを利用したりするなどの方法があります。

子どもにきちんと関わらない夫に対しては、
子どもと一緒に過ごす時間を作るようにお願いしたり、
子どもと夫が一緒に過ごす機会を増やしたりするなどの方法があります。

お金を無駄遣いする夫は、家計の管理を夫婦で一緒にしたり、夫の収入と支出のバランスを把握したりするなどの方法があります。

自分の話を聞いてくれない夫に対しては、夫が話を聞いてくれるタイミングを探ったり、
夫が興味を持ってもらえるような話をしたりするなどの方法があります。

いつも自分の意見を押し付けてくる夫に対しては、
自分の意見をはっきり伝えたり、夫の意見を尊重する姿勢を見せたりするなどの方法があります。

夫への期待が叶っていない場合、まずは自分の期待を具体的に書き出してみることをおすすめします。

経済的に安定した生活を送りたい
子どもとたくさん遊んでほしい
家事を手伝ってほしい
自分の話を聞いてほしい
一緒に旅行に行きたい
など

これらの期待が、夫の性格や価値観と合致していないことが原因で叶っていないのであれば、
夫婦で話し合って、期待を調整する必要があるかもしれません。

家事を手伝ってほしいという期待に対しては、夫が家事を手伝うようにお願いしたり、
夫が家事をしやすい環境を整えたりなどの方法があります。

どんな人間関係でも、言いたいことや不満が本当はあるのに、相手に嫌われるかも・・とか
なんか言いにくい・・・と思ってしまい、日々ストレスを溜めていると
ある日突然ドカンと破裂してしまうように、我慢できなくなる時があるものです。

不満があるけれど、この人はいつも聞いてくれない。と不満を溜めていると、
誰かに愚痴を言ってしまい、
愚痴を他の人に言っていたりするのを本人に聞かれてしまうと、ますます関係は悪化してしまいます。

言いたいことがあれば、話し合いをする時間が必要です。
家族仲をよくするためには、休日に旅行に出かけたり、非日常の場所へ行って
楽しむのも一つの方法です。




Translate »
テキストのコピーはできません。