脆弱ナルシスト、隠れナルシストの特徴




脆弱ナルシストとは、自己愛性パーソナリティ障害の一種で、
自己愛心が強く、
常に注目や承認を求める一方で、
批判や否定を極端に恐れ、傷つきやすい人のことです。

脆弱ナルシストの特徴

自己愛心が強く、自分は特別で優れていると信じている

常に注目や承認を求める

自己中心的で、他人の意見や感情を尊重できない

不安や嫉妬を感じやすい

感情のコントロールが苦手で、怒りや悲しみを爆発させやすい

脆弱ナルシストは、周囲の人々に大きな影響を与える可能性があります。

脆弱ナルシストな上司や同僚がいる場合、

常に注目や承認を求められることによって、

周囲の人はストレスを感じたり、疲弊したりする可能性があります。

また、批判や否定を恐れて、自分の意見や考えを言えなくなったり、
消極的になったりする人も少なくありません。

隠れナルシストとは、自己愛が過剰で、自己中心的な考え方を持つ人のことを指します。

しかし、その自己愛を表面に出さず、謙虚で控えめな態度をとるため、
一見するとナルシストと見分けがつかないことがあります。

隠れナルシストの特徴

隠れナルシストは、自分の能力や価値を過大評価し、
自分こそが特別な存在であると考えています。

周囲の人に対しても、
自分の考えや意見を押し付けたり、

自分の都合を優先したりする傾向があります。

隠れナルシストは、自分の自己愛を守るために、
表面的には謙虚で控えめな態度をとります。

しかし、その内心では常に自分を優位に置こうとしており
他人を批判したり、自分を持ち上げたりすることもあります。

隠れナルシストは、他人からの承認や評価を強く求めています。

そのため、他人から褒められると、すぐに気持ちが高揚し、
自信を深めます。

しかし、他人から批判されると、すぐに傷つき、自信を失ってしまいます。

隠れナルシストは、職場や学校、友人関係など、
さまざまな場面で問題を引き起こす可能性があります。




Translate »
テキストのコピーはできません。