自分のことを棚に上げる女性

「自分のことを棚に上げる女」とは、自分の欠点や間違いを認めず、
他人の欠点や間違いばかりを指摘する女性のことです。

「棚上げ女」や「他責思考の女」とも呼ばれます。

自分の欠点や間違いを認めようとしない
他人の欠点や間違いばかりを指摘する
批判や文句が多い
言い訳や責任転嫁が多い
プライドが高い
自己中心的な考え方

あの人はいつも自分のことを棚に上げて、人のことばかり批判する。

仕事でミスをしたのに、上司に責任転嫁するなんて、棚上げもいいところだ。

「自分のことを棚に上げる」という行為は、誰にでも見られるものです。

しかし、それが習慣化してしまうと、
人間関係が悪くなったり、成長が止まってしまったりするなど、
様々な悪影響を及ぼします。

もし、自分が「自分のことを棚に上げる女」になってしまっていると感じたら、
まずは自分の欠点や間違いを認めることから始めましょう。

そして、他人の意見を素直に聞き、
感謝の気持ちを持つように心がけましょう。

そうすることで、人間関係が改善され、
より幸せな人生を送ることができるようになります。






Translate »
テキストのコピーはできません。