人と揉めやすい人、職場の雰囲気を悪くする人を辞めさせることはできない?


 

職場や学校などでは、多くの人と交流をしなければなりませんが、
人間関係でトラブルばかり起こしているトラブルメーカーが存在します。

自分では自覚が少ないことが多く、なぜ人に嫌われているのかよくわかっていないことが少なくありません。
他人ともめやすいタイプの人は依存心が強く、甘えん坊で寂しがり屋な傾向があります。

依存心が強い人は相手の領域を考えず、優しくしてくれて当たり前、何でもしてほしいと甘えてくることが多いです。

一方的に頼られている人は負担になってきて、冷たい態度を取ることもありますが、
本人は傷つけられた、裏切られたと考えるので厄介です。

 

 

あまり親しい関係でないのに、馴れ馴れしくしたり、

プライバシーに関する質問をしてくる人も嫌われる傾向があります。

 

 

人との距離がうまく取れない人、注意をするとすぐに切れて、怒る、暴言を発する人もトラブルを起こしやすいです。
発達障害などの脳の特性が原因のケースもありますが、カッとなってきれやすい、
相手の気持ちを考えずに言いたいことをいう人は嫌われやすいです。

また、人のことを陰で悪く言う人がいて、まわりもそれに同調する雰囲気ですと、
だんだんと職場の雰囲気が悪くなります。

 

 

どうしても相性の問題もあるので、人間関係は難しいですね。
悪い人じゃなくても、ただその場所の人達とはあわないだけかもしれないし、
新人で馴染んでいないだけかもしれません。

 

 

一生懸命に仕事をしていても、なんとなく馴染めないだけの人というのもいますよね。
長く働くベテランと合わないだけで、悪く言われたり雰囲気がものすごく悪いとお互いにツライですね。

職場の雰囲気を悪くする人を辞めさせることはできないのか?と言えば、
社長次第ですが、なかなか難しいですよね。

 

 

パートやアルバイト、短期のアルバイトとして働いている場合には、

仕事でミスも多く、全員からの評判が悪いと、居心地が悪くなるので、

辞めさせなくても本人が辞めたくなり、自主退職する可能性は高いですね。

 

 

職場や学校などではトラブルメーカーの印象を持たれると、人が離れてしまうため、
なぜ嫌われているのか、避けられるのか知っておくことが大事です。

 




人間関係のトラブルを防ぐには

 

人間関係を悪くする人、トラブルに巻き込まれやすい人は、自覚が乏しいことが多いですが、親しかった人が離れてしまったり、職場や学校などで無視される場合はなぜ嫌われるのか、じっくり考える必要があります。

 

 

自分本位で自己中心的な性格をしていたり、会話をする時に相手の話が終わっていないのに、自分の話に変えるなどの会話泥棒を擦る人は嫌われやすいです。

 


意見や不満を言う前に相手の立場になって、言葉を選ぶ、相手の話には耳を傾けることでトラブルを回避できます。
事実と異なることを言いふらしたり、頻繁に嘘をついていると信用をしてもらえず、職場や学校で孤立しやすくなります。

友人や職場の人の陰口、悪口を言わないようにしたり、出来ないことはきっぱりと断わる勇気を持つことで、トラブルを避けることができます。
自分がトラブルメーカーに当てはまっている場合は、仲の良い友人や知人などに自分の欠点を指摘してもらいましょう。

第三者の意見を聞くことで自分の性格の欠点に気付けるため、改めようとするようになります。
職場や学校ではプライバシーに関する話題を出さないようにしたり、ある程度は親しい間柄でも依存しないようにしましょう。
依存をしたり、他の人と適度な距離を保つことで、トラブルを回避することができます。








Translate »
テキストのコピーはできません。