ナチュラルに失礼なことを言ったり、悪気なく傷つける言葉を平気で言う人がすごく苦手・・・


1. 無知な人

社会的な常識やマナーを知らず、
無意識のうちに失礼な発言をしてしまう人です。

年齢や文化、背景などによって、常識やマナーの認識に違いがある。
自分が失礼なことをしていることに気づいていない。

2. 鈍感な人

他人の気持ちに鈍感で、自分の発言が
相手にどのように受け止められるかを考えない人です。

他人の感情や反応に鈍感で、場の空気を読めない。
自分本位な考え方が強く、自分の発言が失礼だと認識できない。

3. 自信過剰な人

自分の能力や価値を過剰に評価し、
相手を見下すような発言をしてしまう人です。

プライドが高く、自分が常に正しいと思っている。
他人を尊重する気持ちが欠如している。

4. 悪意のある人

相手を傷つけようという意図を持って、
わざと失礼な発言をする人です。

人が傷つくことを平気で言う人に対して、
どのように対処すれば良いのか、
悩ましいですよね。

1. 距離を取る

最も簡単で効果的な方法は、距離を取ることです。

物理的に距離を取れる場合は、できるだけ関わりを避けましょう。

どうしても関わらなければならない場合は、
会話の時間を最小限に抑えたり、
必要最低限のコミュニケーションに留めたりするなど、
距離を置く工夫が必要です。

2. 相手にしない

相手が何を言おうと、無視して聞き流す方法もあります。
相手が求めている反応を与えないことで、
相手もいずれ飽きて諦めてくれる可能性があります。

ただし、無視することで相手が更に攻撃的になったり、
関係が悪化する可能性もあるため、状況によっては注意が必要です。

3. 冷静に「それは傷つく」と伝える

相手が傷つけるような発言をした場合は、
その場で冷静に「それは傷つく」と伝えることも有効です。

相手が自分の発言が相手にどのような影響を与えているかを
理解していない場合、伝えることで自覚を促すことができます。

ただし、相手が逆上したり、更に攻撃的な発言をする
可能性もあるため、伝えるタイミングや方法には注意が必要です。

4. 毅然とした態度で接する

相手が何を言おうと、毅然とした態度で接することで、
相手を圧倒し、攻撃を抑止することができます。

自信を持って堂々と接することで、相手もあなたに
付け入る隙がないと判断し、攻撃することを諦める可能性があります。

5. 周囲に相談する

職場でこのような問題が発生している場合は、
上司や同僚など周囲に相談することも有効です。

周囲の理解を得ることで、問題解決に向けて協力してもらうことができます。

何よりも大切なのは、自分自身を大切にすることです。傷つくようなことを言われたら、自分自身を責めたり、落ち込んだりせず、自分を肯定することが重要です。信頼できる人に話を聞いてもらったり、好きなことをして気分転換をしたり、自分なりのリフレッシュ方法を見つけておくと良いでしょう。

1. 許容範囲を超えたストレス 普段怒らない人は、ストレスに対する許容量が大きい傾向があります。 仕事やプライベートで大きなミスを犯した...








Translate »
テキストのコピーはできません。