働いても働いてもお金が足りないのはなぜ?固定費を減らすためのポイント


働いても働いてもお金が足りない状況は、
本当に苦しいですよね。

収入が低い、支出が多い、
あるいはその両方が原因として考えられます。

まず、現状を把握するために、家計簿をつけてみましょう。

家計簿アプリなどを活用すると、簡単に支出を記録できます。

次に、支出を見直してみましょう。

固定費(家賃、通信費、保険料など)と変動費

(食費、日用品費、交際費など)に分け、

それぞれ見直せる項目がないかチェックします。

固定費は、比較サイトなどを活用して、
より安いプランに乗り換えることで節約できます。

変動費は、無駄な出費を減らす、自炊するなど、
意識的に節約する必要があります。

よくありがちな浪費癖としては、
コンビニに行くと、ついつい買う気持ちもなかったものを買ってしまう。

新商品とか季節限定のスイーツ、今しかなさそうなものって弱いんです。

この商品はいつも好きだから買うけど、限定品は今しかないと
あまり必要のないものばかり買ってしまう。

それから美味しそうなニオイにつられ、買う気のなかった唐揚げやチキンを
コンビニで買ってしまう。

正直、後々考えればいらんかったわ( ゚Д゚)
というものを買ってしまうのはNG

服なども買ったものの、次の年には流行していないとかで
1年で捨ててしまうのはすごくもったいない。

あまり着ないまま捨てられた服はむなしいし、
それでは服というよりもお金そのものを捨てているのと同じこと・・・

日頃から流行とか関係なく着られる無難な
ユニクロやGUの服なら、年中10年後も着られそうなデザインや色なので
いいですね。

最近は100円均一や300円均一でも、
靴下や手袋、マフラーなども購入できます。
下着などもそこで揃えれば、低価格で買えます。

収入を増やすことも考えましょう。

副業を始める、昇給を目指す、転職するなどの方法があります。

支出を見直す

家計簿をつけて、何にお金を使っているのか把握する
固定費を見直し、安いプランに乗り換える
変動費を減らす
自炊する
節約できるところは節約する

固定費を減らす方法

固定費とは、毎月必ず支払う必要がある費用のことです。

家賃、水道光熱費、通信費、保険料など、
家計簿の支出項目で大きな割合を占めるものが多く、
節約効果も大きいのが特徴です。

固定費を減らすためのポイント

家計簿をつけ、現状を把握する まずは家計簿をつけ、
毎月どのくらいの固定費を支払っているのかを把握しましょう。

家計簿アプリなどを活用すると、簡単に記録できます。

本当に必要なサービスなのか
もっと安いサービスはないか
同じサービスでも、よりお得なプランはないか

住居費
一人暮らしの場合は、家賃が安い部屋へ引っ越しを検討する
持ち家の場合は、繰り上げ返済や借り換えで住宅ローンを抑える

水道光熱費
節水・節電を意識する

電力会社やガス会社を比較して乗り換える

通信費
格安SIMに乗り換える
家族間でデータ通信量をシェアする

保険料
本当に必要な保障内容なのかを見直す
保険会社を比較して乗り換える

固定費を減らすメリット

家計の余裕が生まれる 固定費を減らすことで、
毎月の支出が減り、家計の余裕が生まれます。

貯蓄や投資に回せるお金が増える

浮いたお金を貯蓄や投資に回すことで、
将来の不安を軽減することができます。

お金に対する意識が高まる 固定費を見直すことで、
お金に対する意識が高まり、より賢くお金を使うようになります。

固定費を減らすことは、家計を改善するための最も効果的な方法の一つです。

固定費の見直しは定期的に行うことが重要です。








Translate »
テキストのコピーはできません。