視界に入るだけでイライラする顔を見るだけでストレス嫌な人、声を聞くだけでストレスに、いい加減な人に腹が立つ、視界に入るだけで不快、気にしない方法、仕事が辛い時乗り越え方


職場の人間関係に悩む人は多いですよね。

なんとなく相性が悪い人。

性格がまったく合わない。

見るだけで嫌になる。

声を聞くことも嫌。

どうも波長が合わない人はいたりするものです。

優しい人ほど人を嫌ってはいけない。

みんなに笑顔で挨拶しようと努力しています。

ただ、どうしても好きになれない。

相性が合わないタイプの人もいることは事実です。

自分が嫌いと思う時、
相手もたいてい同じ気持ちです。

なんかこの人合わないなぁ
好きじゃないなと思っていると、
不思議と相手も同じ感情を自分にたいして持っているもの

だから余計にぎくしゃくしてしまうのですよね。

何も嫌なことをされたわけでもないのに嫌いになる、
というのは、まさに相性が合わないということ。


スポンサーリンク



相手が嫌いになった原因は、同族嫌悪である可能性が高いです。

人は、自分の嫌だと思う部分を、他人の中に見つけた時、

嫌な気持ちになるんですよね。

嫌いな人なのに、なぜか似ている部分がある。

同じ部分があり、自分は認めたくないけれど、

相手は表にそれを出している。

そうゆう部分を見た時、人は相手を嫌だと感じます。

例えば、本当は自分は根暗だけど、会社では愛想良く笑顔で振舞っている。

かなり気を遣っているのに、平気で不愛想に接している人を見た時など。

本当は、自分も仕事を怠けたいのに、頑張っている。

相手は、適当にさぼっていたり、他人に仕事を任せていたりして

要領よく見えた時。

同じようにしているのに、相手は上司に気に入られ、

ミスをしても、許されている時など。

相手がさぼっているように見えるのに、なぜか職場では気に入られていることを知った時など、

なんとなく不快な感情になるのは心理としてありますよね。

人は、本当の自分と、周囲に見せている少し違う自分、というのを実は誰でも分けています。

本当の自分を抑圧している、これをシャドウといいます。

シャドウの部分を他人が表に思い切り出している時、

イライラしてしまうんです。

シャドウ、つまり自分の裏の顔です。

人を見てイライラしてしまう時は、自分のことを深く考えてみると

原因もわかってきます。

同じ時期に入社して、同じくらいの年齢、

同じように仕事している立場。

それなのに相手のほうがなんとなくうまくいっているように見える時。

上司や同僚からも褒められて楽しそうにしている時など。

そうしたライバル心を燃やして、嫉妬心から相手を嫌だと感じてしまう。

といったこともあります。

ただ、何もしていないのに嫌う時には

雰囲気が伝染して、相手も同じ気持ちになっているんですよね。


スポンサーリンク






笑顔を向ければ笑顔が返ってくる

優しい言葉をかければ優しくしてもらえる場合が多い。

相手を嫌い、視界に入るのも嫌。と感じていると、
たいてい相手側も同じように感じています。

言葉に出さなくても、その気持ちや感情は相手に伝わってしまうことが
人の不思議なところですよね。

第六感や直感がそう感じさせるものがあるんですよね。

返報性の法則で、同じ感情が返ってきてしまいます。

イライラした気持ちは伝染して、相手もイライラしてくる。

雰囲気が悪いところは、なぜか明るい人さえ暗い気持ちに変えてしまう力があります。

人間関係には、2対6対2の法則があります。

職場にいるとストレスが溜まって仕方ない時には、転職したほうがいいですね。

合う人もいれば、

どちらでもない人もいる。

合わない人も2割いることになります。

合わないタイプの人でも、悪口を言う人でもない、
むしろいい人なら
良いところを探してみる努力をする。

好きだと思い込んでみる。

どんな人でも、良いところは必ずあります。

そうした部分を探してみる。

好きになろうとしてみる

話しかけてみる。

ちょっとしたことで、相手の態度も変わってきます。

嫌いだと思っていると、相手も同じ感情をこちらに持ちます。

しかし、好きだと接していると、だんだんと相手の心も変化していくこともあるのです。








Translate »
テキストのコピーはできません。