スポンサーリンク



人間関係

視界に入るだけでイライラする顔を見るだけでストレス嫌な人、声を聞くだけでストレスに、気にしない方法、仕事が辛い時乗り越え方

職場の人間関係に悩む人は多いですよね。

なんとなく相性が悪い人。

性格がまったく合わない。

見るだけで嫌になる。

声を聞くことも嫌。

どうも波長が合わない人はいたりするものです。

優しい人ほど人を嫌ってはいけない。

みんなに笑顔で挨拶しようと努力しています。

ただ、どうしても好きになれない。

相性が合わないタイプの人もいることは事実です。

自分が嫌いと思う時、
相手もたいてい同じ気持ちです。

なんかこの人合わないなぁ
好きじゃないなと思っていると、
不思議と相手も同じ感情を自分にたいして持っているもの

だから余計にぎくしゃくしてしまうのですよね。

何も嫌なことをされたわけでもないのに嫌いになる、
というのは、まさに相性が合わないということ。

ただ、何もしていないのに嫌う時には

雰囲気が伝染して、相手も同じ気持ちになっているんですよね。

笑顔を向ければ笑顔が返ってくる。

優しい言葉をかければ優しくしてもらえる場合が多い。

相手を嫌い、視界に入るのも嫌。と感じていると、
たいてい相手側も同じように感じています。

言葉に出さなくても、その気持ちや感情は相手に伝わってしまうことが
人の不思議なところですよね。

第六感や直感がそう感じさせるものがあるんですよね。

返報性の法則で、同じ感情が返ってきてしまいます。

イライラした気持ちは伝染して、相手もイライラしてくる。

雰囲気が悪いところは、なぜか明るい人さえ暗い気持ちに変えてしまう力があります。

人間関係には、2対6対2の法則があります。

合う人もいれば、

どちらでもない人もいる。

合わない人も2割いることになります。

合わないタイプの人でも、悪口を言う人でもない、
むしろいい人なら
良いところを探してみる努力をする。

好きだと思い込んでみる。

どんな人でも、良いところは必ずあります。

そうした部分を探してみる。

好きになろうとしてみる

話しかけてみる。

ちょっとしたことで、相手の態度も変わってきます。

嫌いだと思っていると、相手も同じ感情をこちらに持ちます。

しかし、好きだと接していると、だんだんと相手の心も変化していくこともあるのです。


スポンサーリンク




-人間関係

© 2023 サンシャインライフ