会うと嫌な気持ちになるママ友、なんか嫌いな女性がいる?





ママ友との関係は、子どもの成長や育児の悩みなど、
共通の話題が多く、親密になりやすいものです。
しかし、中には会うと嫌な気持ちになるママ友もいます。

自分勝手で自己中心的な人
陰口や噂話をする人
子どもを自分のおもちゃのように扱う人
子どもの悪口を言う人
マウントをとる人

大人になっても、人は完璧な人はいないので
自分とは合わないと感じる人もいますよね。

そして、思ったことをすぐに口に出す人もいて、

ネガティブな話だと、不快に思われたりします。

このようなママ友との関係は、ストレスや不安の原因になることがあります。

嫌な気持ちになるママ友との関係を改善するためには

会う頻度や時間を減らす、会うときは当たり障りのない会話をするなど、
距離を置くことで、嫌な気持ちになることを減らすことができます。

相手に合わせるのではなく、自分の気持ちや価値観を大切にして、付き合い方を変えることも大切です。例えば、相手から子どもの世話や用事を頼まれたら、断る勇気を持つことも必要です。

どうしても付き合いづらい場合は、関係を断つことも選択肢のひとつです。ただし、子どもの同級生であったり、同じ習い事に通っていたりする場合は、完全に縁を切ることは難しいこともあります。

嫌な気持ちになるママ友との関係は、
決して自分だけが抱えている問題ではありません。

同じような悩みを抱えているママ友もいるはずです。
もし、一人で抱えきれなくなったら、信頼できる人に相談してみるのも良いでしょう。

また、ママ友関係に悩まないようにするためには、
自分にとって大切なママ友を見つけることも大切です。
共通の趣味や価値観を持つママ友と出会うことで、心地よい人間関係を築くことができるでしょう。




Translate »