若者、車が買えない?若者の車離れの原因とは


車の購入費や維持費は、年々高騰しており、
若年層にとって大きな負担となっています。

特に、ガソリン代や駐車場代は、近年の原油価格の高騰や都市部での駐車場不足の影響で、
さらに上昇しています。

また、若年層の就職難や低賃金も、車の購入を躊躇する要因となっています。

若者のライフスタイルの変化も、車の購入を難しくしています。
若者は、都市部への人口集中やインターネットの普及により、
車がなくても生活を送ることができるようになってきました。

特に、都市部では、公共交通機関やカーシェアなどの移動手段が充実しており、
車の必要性が低下しています。

車は一括で買うなら、数百万から数千万します。

車のためにローンを組むのはいや・・・
ローンと言いつつ、ただの借金を背負うのは勘弁・・・

車に乗るのが趣味、ドライブが好きで、楽しみの一つ、

友人にベンツやロールスロイス買ったという自慢などをしたい、
持っていること自体がステータスなので、持ちたい、という人じゃないかぎり
車は絶対に必要というわけでもないのが事実・・・

また車がなくても、スーパーやお店が近いから徒歩で行ける、
自転車があれば十分に生活していける、という場所に住んでいれば
確実に必要とはいえないものになりつつあります。

これらの理由により、近年では、若者の車保有率が低下しています。

若者が車を買えない具体的な理由

車の購入費は、年々高騰しています。

車の維持費も、年々高騰しています。
ガソリン代や駐車場代だけでなく、車検や保険料なども、
若者にとっては大きな負担となっています。

特に、都市部では、公共交通機関やカーシェアなどの移動手段が充実しており、
車の必要性が低下しています。








Translate »
テキストのコピーはできません。