友達はいるけど親友がいない、本当の友達とは?




友達はいるけど親友がいないというのは、決して珍しいことではありません。

むしろ、多くの人が経験していることだと思います。

仲よく話せる人はいるけれど、
困った時には離れていってしまう。。
辛い時に、話し合えない人は親友ではないですね。

親友とは、何でも話せる、何でも頼れる、かけがえのない存在です。

そんな存在を見つけるのは、簡単なことではありません。
学生時代はまだ暇で時間がある場合が多いのですが、社会に出て、働いていたりして多忙だし
家事や子育てをする主婦になっていると、なかなか親友が一番というわけにはいかなくなってくるので
大人になると、余計に孤独になりますね。

みんな自分のことで精いっぱいになってくるので・・・

優先順位がだんだん友達が1位ではなくなってきてしまうので、
それは誰もが感じることなのかもしれません。

友達はいるけど親友がいない理由は、人それぞれです。

性格的に親友を作るのが苦手な人
環境の変化で、親友と疎遠になった人
周りに親友と呼べる人がいない人

孤独感や寂しさを感じてしまう
悩みや不安を打ち明けられる相手がいなくて、一人で抱え込んでしまう

親友を見つけるためには、まずは積極的に人と関わることが大切です。

親友を見つけるためには、時間も必要です。
人との関係を深めるには、同じ時間を共有することが大切ですよね。

すぐに親友を見つけられるとは限らないので、焦らずに、ゆっくりと探していきましょう。

本当の友達とは、困ったときに助けてくれるだけでなく、良いときも悪いときも、どんなときも一緒にいてくれる存在です。また、お互いを理解し、尊重し合える存在であり、互いに成長し合える存在でもあります。

何でも話せる存在
深いことも知っている
親身になってくれる
気を遣わず連絡がとれる・頻繁に連絡をしていなくても距離感が変わらない
結婚など嬉しいことがあった時には、一緒に喜んでくれる
寂しい時悲しい時が会った時は一緒に悲しんでくれる
辛い時こそ支えてくれる、そばにいてくれたり気にしてくれる人

本当の友達は、人生においてかけがえのない存在です。

本当の友達と出会えた人は、大切に付き合っていきたいものです。




Translate »
テキストのコピーはできません。