人との距離感がおかしい人が職場にいると対応に困る・・・対処法

距離感がおかしい人の特徴は、
物理的な距離が近すぎることです。

例えば、空席がたくさんあるのに隣に座ってきたり、
話をする時にやたら顔を近づけてきたりといったことがあります。

距離感がおかしい人は、言葉遣いがタメ口だったり、
失礼な言い方だったりすることもあります。

まだ出会ったばかりの相手に対して、
いきなり下の名前で呼び捨てしてきたり、
失礼な冗談を言ったりします。

距離感がおかしい人は、会話の内容がセンシティブだったり、
不適切だったりすることもあります。

プライベートな話をされたくない相手に、
家族や恋人の話をしたりすることがあります。

距離感がおかしい人の行動は、周囲に不快感を与えるだけでなく、
職場の雰囲気を悪化させる可能性があります。

そのため、もし職場にこのような人がいたら、適切に対処することが大切です。

距離感がおかしい人への対処法

まずは、相手に自分の気持ちや考えをはっきりと伝えることが大切です。

物理的な距離が近すぎる場合は、「ちょっと遠慮してもらえますか?」と伝えましょう。

一人で対処するのが難しい場合は、周囲の人に相談するのも一つの方法です。
上司や同僚に相談することで、第三者の視点からアドバイスをもらうことができます。

距離感がおかしい人とは、適度に距離を置くことも大切です。
例えば、会話するときは、相手の目をじっと見ないようにしたりしましょう。

距離感がおかしい人は、本人にも気づいていない場合があります。
そのため、まずは相手の気持ちに寄り添いながら、適切に対処することが大切です。






Translate »
テキストのコピーはできません。