優しくない人には優しくしないで良い?優しそうに見えて冷たい人もいる、優しい人には優しい人が集まる

シェアする





小学生や中学生の中で
いじめがなくならない、という話はよく聞く。

いじめが原因でこの世から突然去る人もいる。

誹謗中傷が社会問題化されている。
ネット上で言われることも嫌になるけれど、
一番嫌なのは、やはりクラス内や学校内で
直接言われることではないだろうか?

ストレスに感じる人と、毎日顔を合わせなければならないのは、
誰だってツライ・・

ふと夜にネガティブな気持ちになり、
明日があることが嫌になり、
突然にこの世を去ろうとする人も多い。

幼稚園の時から、先生に人にはきちんと挨拶をすることや
優しくすることなどを自然と教えられる。

しかし、人の性格はいろいろで、
小さい頃から優しい子もいれば、ずるい子もいれば、
意地悪な子もいる。

優しい子は、たいてい素直で、誰にでも優しい。

学校でいじめに遭い悩んでいる、不登校になる子も
増えていると言われている世の中。

いじめに遭う子は、だいたい優しくて先生にもいじめに遭っていることを言えず、
誰にも言わないまま、過ごしてしまったり。

意地悪なことをされても許していて、この人には何いってもいいや
反撃してこないしと舐められていたりする。

しかし、意地悪な子は、ボスみたいな人にはいい子でいるけれど
自分よりも下と決めたり、気に入らない子に対しては冷たい。

平気で無視をする子や、人によって明らかな態度の違いをする子。

優しそうに見えても、性格の悪い人は嫌なことを顔に出しやすい。

相手を睨みつけたり、嫌な表情で見るというのは、
相手に嫌いだと伝えているようなもので、
誰もがいい気持ちにはならない。

嫌な顔を日常的に、普通に出してしまう人も、大人げないし、性格が悪い人なんだなと思う。

また、わざと嫌なことを言って傷つけるような子もいる。

明らかな嫌がらせをされたり、無視をされたり、物を隠されたり
壊されたりしたなら、先生に言う、誰かに相談するなり、方法はいろいろあるけれど、
ひとりで抱え込まないほうがいい。

優しいことは長所だけど、
全員に優しくする必要はなくて

特に、嫌がらせをしてくるような人には優しくしなくてもいい。

学校で嫌なことをされたなら、大人の誰でもいいし、同級生でもいいので、
あの子にあんなことされたんだよ、と言えばいいのだ。

大人になっても、何かしたわけでもないのに、気に入らないという理由だけで、
あら捜しをしてわざと傷つけるようなことをする人もいる。

悪口を言う人には、そうゆう人が集まり、
優しい人の周りには優しい人や穏やかな人が集まる。
いい人の周りにはいい人が集まる。

やっぱり人は、どこか自分と似たような性格、価値観、
共通するものがないと、長くはいられないのだと思う。










シェアする

Translate »