メンヘラ,ヤンデレの違い、意味とは




メンヘラとヤンデレは、

どちらも精神的に不安定な状態を表す言葉ですが、

意味合いが異なります。

メンヘラは、メンタルヘルスの略語です。

精神的な問題を抱えている人や、自傷行為や自殺未遂などを繰り返す人のことを指します。

メンヘラは、ヤンデレと同じく恋愛対象に対して強い依存心や執着心を持つことがありますが、

メンヘラは自分自身に暴力を振るうことが多く、他人に暴力を振るうことは少ないです。

また、メンヘラは自分の精神的な問題を認めていることが多く、

治療や支援を求めることもありますが、ヤンデレは自分の行動に

正当性や理由を見出そうとすることが多く、自分が異常だという自覚がないこともあります。

ヤンデレは、「病み」と「デレデレ」を組み合わせた造語です。

好きな人への気持ちが大きくなりすぎて、異常なほどの愛情表現をしてしまう

人のことを指します。

ヤンデレは、恋愛対象が自分の中で全てであり、

その愛情表現が行きすぎた結果病んでしまうけれど、

メンヘラは自分の欲求を満たすために相手に依存するなど、

あくまでも自分が中心というところに大きな違いがあります。

メンヘラ

自傷行為や自殺未遂などの自害行為を繰り返す

周囲の人から構ってもらえないと精神を病む

被害妄想や妄想に取り憑かれる

自己愛が強い

ヤンデレ

恋愛対象に対して強い執着心や独占欲を持つ

恋愛対象の異性関係を過度に気にする

恋愛対象を監視したりストーカー行為をしたりする

恋愛対象が他の人と仲良くしていると嫉妬心を爆発させる

恋愛対象を失うことを恐れて暴力的な行動に出ることがある

どちらも精神的な健康状態が悪いことを表す言葉ですが、

メンヘラは自己中心的な傾向が強いのに対し、ヤンデレは恋愛対象への依存心が強いという違いがあります。




Translate »
テキストのコピーはできません。