クリスマスケーキ何日に食べる?クリスマスにケーキを食べる理由





クリスマスケーキ何日に食べる

クリスマスが近づくと、なんだか嬉しいきもちになりますね。

寒い時期だけど、冬のイベントは楽しいものばかりなのです。

クリスマスはチキンのお料理と、ケーキを食べたい。

クリスマスは12月25日です。

一般的には、クリスマスイブの12月24日にクリスマスケーキを食べるのが定番とされています。

これは、クリスマスイブがイエス・キリストの降誕を祝う日であるためです。

しかし、最近では、クリスマス当日の12月25日にクリスマスケーキを食べる人も多いようです。

クリスマスイブにパーティーやイベントに参加できない人や、クリスマス当日にゆっくりとケーキを楽しみたい人などがいるためです。

また、クリスマスケーキは冷蔵庫で保存すると2~3日程度は日持ちしますが、クリームや生クリームを使用しているケーキは、1日以内に食べ切ることが理想的です。

そのため、クリスマス当日に食べきれない場合は、事前に食べ切れる日を決めておくとよいでしょう。

クリスマスケーキを食べる日は、一般的には12月24日ですが、クリスマス当日の12月25日でも構いません。

また、食べ切れる日を決めておくことも大切です。

クリスマスにケーキを食べる理由

キリスト教の習慣から由来するもので、イエス・キリストの誕生を祝うためです。

クリスマスはキリスト教の最も重要な祭日であり、キリスト教徒はクリスマスに教会で礼拝を行い、

キリストの誕生を祝います。その際には、パンやケーキなどの食べ物が振る舞われます。

日本独自の風習として定着したもので、クリスマスが特別なイベントであることから、ケーキを食べて華やかに祝うためです。

日本では、クリスマスはキリスト教の宗教的な意味合いよりも、恋人同士や家族で過ごすイベントとして捉えられることが多いです。そのため、クリスマスにケーキを食べて、特別な日であることを祝う習慣が定着しました。

具体的には、クリスマスケーキの起源は、16世紀のドイツにまで遡ります。当時のドイツでは、クリスマス前の40日間、肉や乳製品などの肉食を禁じる「アドベント」という期間がありました。

アドベント期間が終わると、クリスマスを祝うために、禁食を終えたことを示す「禁食のパン」を食べていました。この禁食のパンには、クリスマスツリーや星、イエス・キリストの誕生を象徴するモチーフなどが飾られていました。

19世紀になると、クリスマスケーキはドイツからヨーロッパ各地に広まり、アメリカにも伝わりました。アメリカでは、クリスマスケーキにさまざまなデコレーションが施されるようになりました。

日本にクリスマスケーキが伝わったのは、1950年代頃です。当時、アメリカの映画やテレビドラマの影響で、クリスマスが日本でも徐々に知られるようになりました。また、高度経済成長期を迎え、人々の生活水準が向上したことも、クリスマスケーキの普及につながりました。

現在では、日本ではクリスマスケーキが定番のクリスマスアイテムとして定着しています。スーパーやコンビニなどでは、さまざまな種類のクリスマスケーキが販売されており、多くの家庭でクリスマスケーキが食べられています。






Translate »
テキストのコピーはできません。