AB型は何型から生まれる?

ABO式血液型は、A型、B型、O型、AB型の4種類に分類されます。
この血液型は、赤血球表面にあるA抗原、B抗原、O抗原の有無によって決まります。

AB型は、A抗原とB抗原の両方を持っているため、
A型の血液とB型の血液を混ぜ合わせたような性質を持っています。

そのため、AB型の親から生まれる子供は、AB型になる確率が高いです。

AB型の親から生まれる子供の血液型

AB型の親同士:AB型、A型、B型のいずれか
AB型の親とA型の親:AB型、A型
AB型の親とB型の親:AB型、B型

ただし、ごくまれに、AB型の親からO型の子供が生まれることもあります。

これは、シスAB型という遺伝的異常が原因です。

シスAB型では、A型とB型の遺伝子が同一染色体上に存在するため、
A型の抗原とB型の抗原の両方を持つ血液が形成されます。

このように、AB型の親から生まれる子供は、AB型になる確率が高いですが、
O型になる可能性も極めてわずかに存在します。






Translate »
テキストのコピーはできません。