休日に寝溜めすることは効果がある?意味ない?

睡眠の質って大事ですよね。

寝てないだけで、身体の疲れは取れないし、
イライラしやすくなります。

また、お肌も荒れたり、便秘がちになったりと
寝れないといいことはほぼないですね。

平日辛いことがあって、全然夜も寝れない時、
休日に寝溜めしてみようと考えたこともある人もいたりしますね。

しかし、休日の寝溜めはあまり効果がありません。

睡眠は、睡眠中に脳や体に必要なホルモンや酵素が分泌され、修復や成長が行われます。

寝溜めをしても、この修復や成長は、不足している分だけ行われることになります。

そのため、睡眠不足を完全に取り戻すことは難しいのです。

人間の体内時計は、24時間周期でリズムを刻んでいます。

寝溜めをすると、この体内時計が狂ってしまい、翌朝に起きにくくなったり、

日中に眠気が出たりすることがあります。

ただし、寝溜めが全く効果がないというわけではありません。

多少の睡眠不足であれば、寝溜めによって取り戻すことは可能です。

また、寝溜めをすることで、脳のパフォーマンスが回復し、
集中力や判断力が高まるという研究結果もあります。

平日は十分な睡眠をとり、週末はいつも通りの睡眠時間をとるように心がけることが大切です。

平日は、7〜8時間の睡眠をとる
寝る前にカフェインやアルコールを摂取しない
寝る前にスマホやパソコンの画面を見ない
寝室を暗く、静かに、涼しくする

寝溜めをうまく活用して、睡眠不足を解消し、健康的な生活を送りましょう。






Translate »
テキストのコピーはできません。