石油ストーブとエアコンどっちが安い?冬の暖房対策

暖房費の面では、エアコンの方が安いと言えます。

石油ストーブの燃費は、1時間あたり約23円程度です。

灯油代が1Lあたり110円で、タンク容量が3.7Lの場合の計算です。

ただし、灯油価格は常に変動するため、実際の燃費は変動します。

エアコンの燃費は、1時間あたり約2.8円程度です。

電気代が1kWhあたり28円で、消費電力が100Wの場合の計算です。

エアコンは、室温が安定すると、省エネ運転に切り替わるため、1時間あたりの消費電力はさらに下がります。

したがって、同じ時間同じ部屋を暖める場合、
エアコンの方が石油ストーブよりも暖房費が安くなると言えます。

ただし、エアコンは石油ストーブよりも初期費用が高く、設置工事も必要です。

また、エアコンは空気を乾燥させるため、加湿器の併用が必要な場合もあります。

一方、石油ストーブは初期費用が安く、設置工事が不要です。

また、空気を乾燥させにくいため、加湿器の併用は不要です。

石油ストーブは、寒冷地で特に効果を発揮します。

エアコンは、室温が安定した後に省エネ運転に切り替わるため、室温が下がりにくい寒冷地では、エアコンの暖房効率が悪くなります。






Translate »
テキストのコピーはできません。