本ページにはプロポーションが含まれています

独身が抱える老後の不安、老後不安に感じることランキング

シェアする





独身の老後の不安になって夜も眠れない人も多いものです。

先行きがわからないと、何が起きるのか不安で
心配・・・

いつまでも健康でいられるのかわからないし、どうしたらいい?と悩む人は多い。

経済的な不安
老後の生活費を賄うための収入源は、主に公的年金と退職金です。しかし、公的年金は年々減額傾向にあり、退職金も会社員であってももらえない人が増えています。そのため、独身の場合は、老後資金が不足する不安が大きいと言えます。

介護や看護の不安
高齢になると、介護や看護が必要になる人も少なくありません。しかし、独身の場合は、介護や看護をしてくれる人がいない場合もあります。そのため、介護や看護にかかる費用や、介護や看護を受けられる施設が見つかるかどうかなどの不安が大きいと言えます。

孤独や孤立の不安
家族や友人がいない独身の場合は、老後に孤独や孤立を感じる可能性が高くなります。そのため、老後の生活をどのように過ごしていくのか、誰と過ごしていくのかなどの不安が大きいと言えます。

これらの不安を解消するためにできること

老後資金を準備する
老後資金を準備するためには、できるだけ早いうちから貯蓄を始めることが大切です。また、公的年金だけでは不足する可能性があるため、iDeCoやNISAなどの制度を活用して、年金以外の収入源を増やすことも検討しましょう。

介護や看護の備えをする
介護や看護が必要になった場合のために、介護保険や民間の介護保険に加入しておきましょう。また、介護サービスや介護施設の情報収集もしておくと安心です。

社会とのつながりを保つ
老後に孤独や孤立を感じないためには、社会とのつながりを保つことが大切です。趣味やボランティア活動などを通じて、人と関わる機会を増やしましょう。

独身の老後の不安を解消するためには、一人で悩まずに、専門家に相談するのも一つの方法です。ファイナンシャルプランナーや介護支援専門員などの専門家に相談することで、自分に合った対策を検討することができます。

老後の不安を感じることランキング

1位:生活費
2位:健康
3位:介護
4位:認知症
5位:住まい

健康の不安

高齢になると、病気やケガのリスクが高まります。また、認知症を発症する可能性も高くなります。そのため、健康を維持し、介護や看護が必要になった場合に備える不安が大きいと言えます。

介護の不安

高齢になると、介護や看護が必要になる人も少なくありません。しかし、介護や看護にかかる費用は高額です。また、介護や看護をしてくれる人がいない場合もあります。そのため、介護や看護にかかる費用や、介護や看護を受けられる施設が見つかるかどうかなどの不安が大きいと言えます。

認知症の不安

認知症は、記憶や判断力が低下する病気です。認知症を発症すると、日常生活に支障をきたす可能性があります。また、認知症の治療法は確立されておらず、介護が必要になる場合もあります。そのため、認知症を発症する不安や、認知症になった場合にどのように対処するのかなどの不安が大きいと言えます。

住まいの不安

高齢になると、住まいを改修したり、高齢者向けの施設に移ったりする人も少なくありません。しかし、住まいの改修や高齢者向けの施設の費用は高額です。また、住み慣れた家を離れるのが不安な人もいるでしょう。そのため、住まいの改修や高齢者向けの施設への移転に関する費用や、住み慣れた家を離れるのが不安かどうかなどの不安が大きいと言えます。

健康を維持する
健康な体はいつまでも維持したいですよね。健康を維持するためには、バランスの良い食事や適度な運動を心がけましょう。また、定期的な健康診断を受けて、早期発見・早期治療に努めましょう。

介護や看護の備えをする
介護や看護が必要になった場合のために、介護保険や民間の介護保険に加入しておきましょう。また、介護サービスや介護施設の情報収集もしておくと安心です。

認知症の備えをする
認知症の備えとして、認知症検査を受けておくのも一つの方法です。また、認知症の予防に効果的な生活習慣を心がけましょう。

住まいの備えをする
住まいの備えとして、住まいの改修や高齢者向けの施設への移転に関する情報収集をしておきましょう。また、住み慣れた家を離れるのが不安な場合は、家族や友人に相談するのも一つの方法です。

老後の不安は、誰もが抱える不安です。しかし、早いうちから対策を検討することで、不安を解消し、安心した老後を送ることができるでしょう。




シェアする

Translate »