コロナで咳が止まらない時、痰のからんだ咳が続く・・・ひどい時の対処法、漢方薬は効く?





コロナウイルスにかかり、
ノドが痛い。
咳が止まらない時は辛いですよね。

後遺症で、咳が止まらない・・・そんな
症状もあります。夜になると、咳がとまらない・・・

咳がひどい場合、まずは安静にしましょう。無理をすると症状が悪化する可能性があります。また、十分な睡眠と栄養を摂ることも大切です。

咳を和らげるための対処法をご紹介します。

咳止め薬の使用
咳止め薬には、鎮咳剤と去痰剤の2種類があります。鎮咳剤は咳を抑える働きがあり、去痰剤は痰を排出する働きがあります。

咳がひどい場合は、鎮咳剤と去痰剤を併用すると効果的です。ただし、咳止め薬は長期間使用すると副作用が出る可能性があるため、医師の指示に従って使用しましょう。

加湿
乾燥した空気は咳を悪化させる原因になります。室内の湿度を50~60%に保つようにしましょう。加湿器を使用すると便利です。白湯を飲むのも良かったです。

痰を出しやすくする体操
咳をせずに痰を出しやすくする体操があります。

横向きに寝て、首を上げ、あごを胸につける。
4秒間息を止め、ゆっくりと息を吐く。
これを10回繰り返す。
排痰器具の使用
痰がからんで咳がひどい場合は、排痰器具を使用すると効果的です。

排痰器具は、痰を吸い出して吐きやすくする器具です。医療機関でレンタルまたは購入することができます。

咳が2週間以上続く場合は、医療機関を受診しましょう。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の咳の特徴

初期症状として、咳が出ることが多い。
咳は、乾いた咳から痰がからむ咳までさまざま。
咳のほかに、発熱、倦怠感、息切れ、頭痛などの症状が出ることがある。
新型コロナウイルス感染症の咳は、軽症の場合は自宅療養で治癒することがほとんどです。

ただし、症状が重い場合は、入院が必要になる場合もあります。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の症状として、咳や痰が絡む症状がよく見られます。これらの症状に対して、漢方薬が有効であると言われています。

麦門冬湯:痰が切れにくく、ときに強くせきこみ、又は咽頭の乾燥感がある方の咳や咽頭炎などに効果的です。
桔梗湯:痰がからむ、息苦しさを伴う咳などに効果的です。
補中益気湯:体力中等度以下で、倦怠感や食欲不振を伴う咳や咽頭炎などに効果的です。
これらの漢方薬は、いずれも痰を切りやすくし、咳を鎮める作用があります。また、体力や免疫力を高める作用もあるため、新型コロナウイルス感染症の症状を和らげるのに役立ちます。

ただし、漢方薬は医薬品ですので、自己判断で服用することは避け、必ず医師や薬剤師に相談してから服用するようにしましょう。

新型コロナウイルス感染症の治療には、漢方薬以外にも、抗ウイルス薬やステロイド薬などの西洋医学的な治療も行われます。




Translate »
テキストのコピーはできません。