大人になってからニキビ増えた・・・30代で吹き出物ができやすい原因




大人ニキビは思春期ニキビとは原因が異なる場合が多く、
生活習慣やホルモンバランス、ストレスなどが影響していると考えられます。

30代で吹き出物ができやすくなる原因は、主に以下の3つが挙げられます。

1. ホルモンバランスの変化

30代になると、女性は生理周期や妊娠・出産、更年期など、
様々なホルモンバランスの変化を経験します。

これらの変化は皮脂の分泌量に影響を与え、吹き出物ができやすくなることがあります。

2. 肌質の変化

20代をピークに、皮脂の分泌量は年齢とともに減少していきます。
しかし、30代になると乾燥やターンオーバーの乱れなど、

肌質の変化によって皮脂の分泌量が一時的に増加することがあります。

3. 生活習慣

睡眠不足、食生活の乱れ、ストレス、
紫外線などの影響も吹き出物のできやすさに関係しています。

生活習慣の改善

十分な睡眠をとる
野菜や果物を多く摂る
水分をこまめに補給する
適度な運動をする
ストレスを解消する
紫外線対策をする
スキンケア
洗顔は朝晩2回、優しく洗う
化粧水でしっかり保湿する
ニキビ用の薬を塗る

セルフケアで改善しない場合は、皮膚科などの専門医療機関を受診する

睡眠
睡眠不足は肌のターンオーバーを乱し、ニキビができやすくなります。
毎日7〜8時間の睡眠を心がけましょう。

食生活
脂っこい食事や甘いものは控え、野菜や果物を多く摂るようにしましょう。
ビタミンCやビタミンB群、食物繊維などを意識的に摂取すると効果的です。

ストレス
ストレスはホルモンバランスを乱し、皮脂の分泌を増加させます。
適度な運動や趣味など、ストレス解消法を見つけましょう。

スキンケア
洗顔はゴシゴシこすらず、泡で優しく洗うようにしましょう。
洗顔後は化粧水でしっかり保湿し、肌の水分を保ちましょう。

ニキビ用の薬は、症状に合わせて適切なものを選びましょう。

大人ニキビはすぐに改善するものではありませんが、
正しい対処法を続けることで徐々に改善していきます。

生活習慣の改善やスキンケアをしばらく続けても改善が見られない場合は、
専門医療機関を受診することをおすすめします。




Translate »
テキストのコピーはできません。