赤にきび、鼻のニキビが1ヶ月治らない・・・ケミカルピーリングはにきびがある時はやめたほうがいい?




アクネ菌は皮脂を栄養源にして繁殖し、
炎症を起こします。洗顔やスキンケアで清潔な肌を保ち、
アクネ菌の増殖を抑えましょう。

毛穴の詰まり

毛穴が皮脂や角質で詰まると、アクネ菌が繁殖しやすくなります。

角質ケアやピーリングを行い、毛穴の詰まりを解消しましょう。

ホルモンバランス

ホルモンバランスの乱れは皮脂の分泌を増加させ、
ニキビの原因となります。生活習慣の改善や、必要に応じて薬物療法を検討しましょう。

ストレス

ストレスはホルモンバランスの乱れや免疫力の低下を引き起こし、
ニキビ悪化の原因となります。十分な睡眠やリラックスできる時間を確保しましょう。

1ヶ月以上改善が見られない場合は、皮膚科を受診することをおすすめします。
皮膚科では、ニキビの状態を診察し、適切な治療法を提案してくれます。

ニキビ跡の予防

ニキビを潰したり、無理やり取ったりすると、
ニキビ跡が残ってしまうことがあります。ニキビ跡は治りにくいので、十分に注意しましょう。

ケミカルピーリングの効果

ケミカルピーリングは、酸性の薬剤を顔全体に塗布することで、
肌の表面にある古い角質を取り除き、
ニキビ・ニキビ跡などの肌荒れ、毛穴の開きや黒ずみ、
お肌のくすみやハリなどの改善に適した治療です。

ニキビ・ニキビ跡の改善

毛穴の詰まりを解消し、皮脂の分泌を抑制することで、ニキビの発生を予防します。

ターンオーバーを促進することで、ニキビ跡の赤みや色素沈着を改善します。

毛穴の開き・黒ずみの改善

古い角質を取り除くことで、毛穴の詰まりを解消し、毛穴の開きや黒ずみを改善します。

くすみの改善

古い角質を取り除くことで、肌のターンオーバーを促進し、くすみを改善します。

ハリ・ツヤの改善

コラーゲン生成を促進することで、肌にハリやツヤを与えます。

妊娠中・授乳中の方は、ケミカルピーリングを受けることができません。

ケミカルピーリングは、ニキビやニキビ跡などの
肌トラブルを改善したい方におすすめの治療法です。

ただし、注意点もいくつかあるので
事前に医師に相談し、自分に合った治療法を選択することが大切です。

ニキビがある時にケミカルピーリングを行うことは、
ニキビの種類や状態によっては効果的ですが、場合によっては悪化する可能性もあります。

ケミカルピーリングが有効なニキビ

白ニキビ
黒ニキビ
軽度の炎症ニキビ

ケミカルピーリングを避けた方がよいニキビ

膿を持ったニキビ
炎症が強いニキビ
傷跡のあるニキビ

ケミカルピーリングを行う前に

皮膚科医に相談し、自分のニキビにケミカルピーリングが適しているかどうか確認しましょう。
パッチテストを行い、ピーリング剤にアレルギーがないことを確認しましょう。




Translate »
テキストのコピーはできません。