歯の黄ばみが取れないのがコンプレックス、コーヒーをよく飲む習慣がある、歯の黄ばみが気になり笑えない・・・




歯の黄ばみがなかなか取れない
コーヒーや紅茶を飲む習慣があると、
どうしても歯が黄色くなりがち・・・

歯がコンプレックスで笑顔になれない
歯を見られたくないって悩みは多いものです。

笑顔は人に良い印象を与えるもの。
しかし無表情やぎこちない表情だと、あまりいい印象ではなくなってしまい残念ですね。

着色汚れ:喫煙、コーヒー、紅茶、赤ワイン、カレーなどの食べ物や飲み物に含まれる色素が、歯の表面に付着して黄ばみや黒ずみを引き起こします。
歯垢や歯石:歯磨きが不十分な場合に、歯の表面に食べかすや細菌が付着して歯垢になります。歯垢が固まって歯石になると、歯の表面がザラザラになり、着色汚れがつきやすくなります。
エナメル質の着色:エナメル質の内部に色素が入り込んでしまうと、歯の内部から黄ばんで見えます。これは、生まれつきの黄ばみや、高齢になると起こる黄ばみなどが当てはまります。

自宅でできる方法は、比較的費用が安く、手軽に始めることができます。ただし、効果は歯科医院でできる方法に比べて弱く、また、やりすぎると歯の表面に傷がついてしまう可能性があります。

ホワイトニング歯磨き粉:歯磨き粉に着色汚れを落とす成分が配合されているもので、毎日の歯磨きに加えて使用することで、徐々に黄ばみを落とすことができます。
歯のマニキュア:歯にマニキュアを塗って、着色汚れを覆い隠す方法です。1週間程度で効果がなくなりますが、手軽に黄ばみを隠したい場合におすすめです。
歯の消しゴム:歯の表面の着色汚れを削り落とす方法です。ただし、やりすぎると歯の表面に傷がついてしまう可能性があるので、注意が必要です。

歯科医院でできる方法

歯科医院でできる方法は、自宅でできる方法よりも効果が高く、安全です。ただし、費用が比較的かかるのがデメリットです。

毎日の歯磨きを丁寧に行う:歯磨きでは、歯垢や歯石を除去して、着色汚れがつきにくくなります。
喫煙を控える:喫煙は、歯の黄ばみの原因となる色素を多く含んでいます。
コーヒーや紅茶などの着色しやすい飲み物を飲む場合は、水で口をすすぐ:飲み物に含まれる色素が歯に付着するのを防ぐことができます。
歯の黄ばみが気になる方は、自分に合った方法でケアしましょう。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、歯科医院で専用のホワイトニングライトを使って、歯の表面の着色汚れを除去する方法です。ホワイトニングライトの光によって、歯の内部に浸透した過酸化水素が活性化され、歯の表面の色素を分解します。

オフィスホワイトニングは、比較的短期間で効果が出るのが特徴です。ただし、費用が高額になる場合があります。




Translate »
テキストのコピーはできません。