カルピスはいつ飲むと効果がある?睡眠の質が良くなる?効果効能とは




カルピスの「届く強さの乳酸菌 W」

心理的なストレスを和らげ、睡眠の質(眠りの深さ)を高める
腸内環境の改善に役立つ
この効果は、ガセリ菌CP2305という乳酸菌株によるものです。

ガセリ菌CP2305は、腸内環境を改善するだけでなく、脳の機能を調節する働きがあることが報告されています。具体的には、ストレスホルモンの分泌を抑制したり、セロトニンなどの神経伝達物質の分泌を促したりする作用があります。

これらの働きにより、ガセリ菌CP2305は、睡眠の質を高めるのに役立つと考えられています。

入眠までの時間が短縮された
睡眠の深さが増した
中途覚醒が減少した

ガセリ菌CP2305は、睡眠の質を改善する効果が期待できると言えるでしょう。

また、カルピスの「届く強さの乳酸菌 W」は、1日の摂取目安量が1本(100ml)と、手軽に摂取できるのも魅力です。

カルピスはいつ飲むのがおすすめ?

ガセリ菌CP2305は、腸内環境を改善するだけでなく、脳の機能を調節する働きがあるため、入眠前のタイミングで摂取することで、より効果的に睡眠の質を高めることができると考えられています。

また、就寝直前は、胃腸の働きが低下するため、胃腸に負担をかけにくいという点も、就寝前の飲用がおすすめの理由です。

なお、カルピスの「届く強さの乳酸菌 W」は、1日の摂取目安量が1本(100ml)です。
1本あたりのカロリーは30kcal、糖質は7.2gです。

睡眠の質を高めるために、無理のない範囲で摂取するようにしましょう。

カルピスは、乳酸菌の発酵によって作られる乳酸飲料です。主な原材料は、牛乳、砂糖、乳酸菌です。

カルピスの効果効能

整腸作用

カルピスに含まれる乳酸菌は、腸内環境を整える働きがあります。腸内環境が整うことで、
便秘や下痢などの症状が改善され、お腹の調子が整ってきます。

免疫力アップ

カルピスに含まれる乳酸菌は、免疫力を高める働きがあります。免疫力が高まることで、風邪などの病気にかかりにくくなります。

骨粗しょう症予防

カルピスに含まれるカルシウムは、骨の形成を助ける働きがあります。
カルシウムを十分に摂取することで、骨粗しょう症の予防に役立ちます。

アンチエイジング

カルピスに含まれる乳酸菌は、アンチエイジングに効果的な成分を生成する働きがあります。
これらの成分は、シミやシワの予防、老化防止などに役立ちます。




Translate »
テキストのコピーはできません。