大根おろしは風邪予防に効果?はつみつを混ぜるとさらにいい?ノドの不調対策





冬の時期になると、インフルエンザや風邪ははやります。

今は、コロナウイルスも蔓延していて、マスクが欠かせないですね。
喉の咳が止まらない症状は本当に辛い。

コロナは後遺症でも苦しんでいる人が多いです。

大根おろしには、風邪の症状を緩和する効果が期待できます。

大根には、アリルイソチオシアネートという成分が含まれています。この成分には、抗菌作用、消炎作用、鎮咳作用などの効果があります。そのため、風邪の原因となるウイルスや細菌の増殖を抑えたり、喉の炎症を鎮めたり、咳を抑えたりといった効果が期待できます。

また、大根にはβ-カロテン、ビタミンC、ビタミンA、ミネラルなど、風邪の予防や回復に役立つ栄養素も豊富に含まれています。

大根おろしの効果効能

喉の痛みやイガイガを抑える
咳を抑える
発熱を抑える
鼻水や鼻づまりを抑える
体内の炎症を抑える
免疫力を高める

すりおろしたてのものを使う
蜂蜜やみりんなどの甘味料を加えて飲む
汁を絞って飲む
すりおろしたてのものを使うことで、アリルイソチオシアネートの含有量が多くなります。また、蜂蜜やみりんなどの甘味料を加えると、辛味を抑え、飲みやすくなります。さらに、汁を絞って飲むことで、アリルイソチオシアネートやその他の栄養素を効率よく摂取することができます。

大根おろしは、風邪のひき始めに摂取するのが効果的です。風邪の症状がひどくなった場合は、医療機関を受診するようにしましょう。

大根おろしと蜂蜜を混ぜた「はちみつ大根」は、風邪のひき始めによく飲まれている民間療法です。

はちみつには、抗菌作用、殺菌作用、鎮咳作用、保湿作用などの効果があります。また、大根には、アリルイソチオシアネートという成分が含まれています。この成分には、抗菌作用、消炎作用、鎮咳作用などの効果があります。

そのため、はちみつ大根には、風邪の原因となるウイルスや細菌の増殖を抑えたり、喉の炎症を鎮めたり、咳を抑えたりする効果が期待できます。

はちみつ大根の作り方

材料(1人分)

大根 1/2本
はちみつ 大さじ2
作り方

大根を皮をむき、すりおろす。
すりおろした大根に、はちみつを加えてよく混ぜる。
冷蔵庫で30分ほど置き、大根から出てきた汁を飲む。
なお、はちみつは1歳未満の乳児に与えてはいけません。




Translate »
テキストのコピーはできません。