コロナウイルスやインフルエンザ、後遺症、咳が急に止まらなくなる、胸が苦しい、眠れない、咳が止まらず肺が痛い時どうすれば?

シェアする





寒い時期になると感染症やインフルエンザ、風邪などの病気に罹りやすくなり、咳がひどくなってしまうことがあります。
咳がひどくなると胸や肺に痛みを感じることがあり、肺に悪影響が出てしまう可能性が高くなります。

肺が痛いと感じる。

せきをするたびに、ノドが痛い。

胸が苦しい。

夜寝ているときに夜中起きてしまう。

家族から大丈夫?

病院行ったほうがいいんじゃない?と心配されている。

このような悩み、インフルエンザ流行時にはありますね。

咳がひどくなる要因には、気管支炎、気管支喘息、肺炎、気胸、肺がんなどの病気が隠れていることが多いです。
胸に強い痛みがある、咳がひどくなって止まらない、息切れや痰などの症状が長引く時は要注意です。

咳の症状が軽い時は内科を受診して検査や診察を受けて、適切な薬を処方してもらうことで改善しやすくなります。

症状が悪化している、胸の痛みが強い場合は別の病気の可能性があるため、呼吸器内科や循環器科などで精密検査を受けましょう。
心不全などの重篤な病気でも、胸の痛みが出ることがあります。








咳のしすぎで肺、胸が痛くなるのはなぜ?

風邪やインフルエンザ、喘息などで咳が激しくなると、胸や肺が痛くなることがあります。
胸や肺などが痛くなると症状が悪化したのか、別の病気なのか不安を感じてしまいます。

咳のしすぎで胸膜に摩擦がおこり、壁が弱くなると痛みが起こりやすいです。

自然気胸は喫煙の習慣があったり、疲れやストレスをためやすい人がなりやすく、左の肺や胸が痛くなることが多いです。

咳をすると肺や胸が痛くなり、薬を飲んでもなかなか改善しない、息切れなどがある場合は肺がんの可能性があります。
過去に怪我や事故などで肋骨が折れると、咳をする時に胸が痛む外傷性気胸の可能性が高いです。

気になる症状がみられる場合は早めに呼吸器内科を受診したり、肺がん検診を受けましょう。










シェアする

Translate »