マヌカハニー夜寝る前に食べる、虫歯にならない?歯磨きは必須?

マヌカハニーには、虫歯菌の増殖を抑制する抗菌作用があります。

そのため、マヌカハニーを寝る前に摂取することで、虫歯予防に効果が期待できると考えられています。

マヌカハニーに含まれるメチルグリオキサール(MGO)という成分が、

虫歯菌の細胞膜を破壊して増殖を抑制する働きがあります。

また、マヌカハニーには、虫歯菌のエサとなる糖分も含まれていますが、

この糖分は、マヌカハニーの抗菌作用によって虫歯菌に吸収されにくくなります。

ただし、マヌカハニーには糖分も含まれているため、虫歯予防のために摂取する場合は、

寝る前に歯磨きをして、口の中の汚れや糖分を落としてから摂取するようにしましょう。

また、マヌカハニーの抗菌作用には個人差があるため、効果を実感できない場合は、より抗菌作用の高いMGO値のマヌカハニーを試してみるのもおすすめです。

虫歯予防のためには、マヌカハニーを摂取するだけでなく、

ブラッシングやフッ素塗布などの基本的な歯磨き習慣を守ることも大切です。






Translate »
テキストのコピーはできません。