彼女のにきびがなかなか治らない・・・肌荒れを指摘するのは良くない?





彼女に肌荒れを指摘するのは、デリケートな問題なので
慎重な言葉選びと態度が必要です。

正直言えば、あまり言われたくはないことですね。

若い時期は、気を付けていても、にきびができる時はできます。

きちんと洗顔をしていても、出来やすい人もいます。

コンビニの生クリームたっぷりのケーキを夜寝る前に食べても
にきびが出来ない子もいるのに不思議・・・って思います。

1. 責めるような言い方は避ける

「もっとスキンケアちゃんとしなきゃ」のような、

責めるような言い方は逆効果です。

彼女も自分の肌荒れに悩んでいる可能性が高いので、
さらに気分を悪くさせてしまう可能性があります。

2. 優しく、心配している気持ちを伝える

「最近、肌荒れが気になるんだけど、大丈夫?何かあった?」のように、
優しく、心配している気持ちを伝えるようにしましょう。

3. 原因を一緒に考える

肌荒れには様々な原因があります。睡眠不足、
ストレス、食生活、化粧品などが原因となる場合もあります。
彼女と一緒に原因を考え、解決策を探しましょう。

4. おすすめのスキンケア用品を紹介する

もし、彼女がスキンケアに悩んでいるようなら、
おすすめのスキンケア用品を紹介するのも良いでしょう。

スキンケア用品も高かったりするので、彼氏からいいものをプレゼントされたら
最高です。
なんて優しい彼氏なんだろう・・・と感激しちゃいます(*’ω’*)

「これを使ったら肌荒れが改善したんだけど、試してみたら?」
のように、あくまでも提案する形が大切です。

5. 病院に行くことを勧める

肌荒れがひどい場合は、病院に行くことを勧めるのも良いでしょう。

皮膚科医に診察してもらうことで、原因を特定し、
適切な治療を受けることができます。

肌荒れは、本人にとってもデリケートな問題なので、指摘する際は十分に注意しましょう。

彼女の気持ちに寄り添い、優しくサポートすることが大切です。

ニキビは本人にとっても悩みの種です。
彼女の気持ちを理解し、優しくサポートすることが大切です。

一緒にニキビケアに取り組むことで、彼女のモチベーションを高めることができます。




Translate »
テキストのコピーはできません。