本ページにはプロポーションが含まれています

赤ニキビ何をしてもなかなか治らない・・・頬、鼻にできて困る・・・美白効果のあるスキンケア

シェアする





赤ニキビは、アクネ菌が毛穴に詰まって炎症を起こしたものです。

思春期に最もよく見られますが、大人になっても発生する可能性があります。

赤ニキビは、痛み、赤み、腫れを引き起こす可能性があります。

また、ニキビ跡を残すこともあります。

女性は、ホルモンの変化や月経周期など、
男性よりも赤ニキビを発症しやすい場合があります。

頬の赤ニキビの原因

思春期や生理前など、ホルモンバランスが乱れると、
皮脂の分泌が過剰になり、毛穴が詰まりやすくなります。

乾燥すると、肌は皮脂を過剰に分泌して潤いを補おうとします。
これが毛穴詰まりの原因となり、ニキビが発生します。

紫外線は皮脂の酸化を促進し、
毛穴詰まりを引き起こします。
また、肌のターンオーバーを乱し、
ニキビ跡を残しやすくする原因にもなります。

ストレスはホルモンバランスを乱し、
皮脂の分泌を過剰にするだけでなく、
肌の免疫力を低下させてニキビを悪化させます。

糖分や脂肪分の多い食事は皮脂の分泌を過剰にし、
ニキビの原因となります。
また、ビタミンやミネラル不足も肌トラブルを引き起こしやすくなります。

マスクの摩擦や不規則な生活なども顎ニキビの原因となる可能性があります。

保湿

洗顔後は、化粧水や乳液でしっかり保湿しましょう。肌が乾燥すると皮脂の分泌が過剰になるため、保湿はニキビ予防に効果的です。

女性ニキビケアの定番コスメ メティーナ




赤ニキビの治し方

赤ニキビは、アクネ菌による炎症が原因で起こるニキビの一種です。毛穴に詰まった皮脂とアクネ菌が混ざり合い、炎症を起こすことで、赤く腫れたニキビができます。

1. セルフケア

  • 洗顔:朝晩、ぬるま湯で優しく洗顔しましょう。ゴシゴシこすることは避け、泡で肌を包み込むように洗います。
  • スキンケア:洗顔後は、化粧水や乳液でしっかり保湿しましょう。ニキビ用のスキンケア製品を使うのもおすすめです。
  • 生活習慣の改善:睡眠不足やストレス、食生活の乱れはニキビ悪化の原因となります。規則正しい生活習慣を心がけましょう。

2. 医療機関での治療

セルフケアで改善が見られない場合は、皮膚科などの医療機関を受診しましょう。

医療機関での主な治療法

  • 外用薬:抗生物質や抗炎症剤などの外用薬を塗布します。
  • 内服薬:抗生物質やホルモン剤などの内服薬を服用します。
  • ピーリング:薬剤を使って古い角質を除去します。
  • レーザー治療:ニキビの原因となるアクネ菌を殺菌したり、皮脂の分泌を抑制したりするレーザー治療を行います。

赤ニキビを治すために大切なのは、

  • 正しいスキンケア
  • 生活習慣の改善
  • 必要に応じて医療機関を受診すること

洗顔

  • 洗顔料は、肌に優しい低刺激性のものを選びましょう。
  • ぬるま湯で泡立て、泡で肌を包み込むように洗います。
  • 洗い残しがないように、ぬるま湯でしっかりすすぎましょう。
  • 洗顔後は、清潔なタオルで優しく顔を拭き取ります。

スキンケア

  • 洗顔後は、化粧水や乳液でしっかり保湿しましょう。
  • ニキビ用のスキンケア製品を使うのもおすすめです。
  • ニキビを潰したり、触ったりしないようにしましょう。

生活習慣の改善

  • 睡眠不足やストレス、食生活の乱れはニキビ悪化の原因となります。
  • 十分な睡眠と栄養バランスの良い食事を心がけましょう。
  • ストレスを溜めないように、適度な運動やリラックスタイムを設けましょう。




シェアする

Translate »