痩せているのにお腹が出てる女性、ぽっこりお腹の原因、改善方法





痩せているのにお腹が出ている女性は、一般的に「ポッコリお腹」と呼ばれています。

全体的には細いのに、お腹が実は出ている、

細いといわれるけれど、食べるとすぐにお腹がぽっこりとなってしまう。

猫背みたいに見えたり、姿勢が悪く見えるので、だらしないと思われたりもします。
それが悩みですね。

恥ずかしいから、お腹は見せられない・・・

こんな風に悩む女性は結構いるもの。

ぽっこりお腹の正体とはいったい・・・・

内臓脂肪は、お腹の内部に蓄積される脂肪です。内臓脂肪がつきすぎると、お腹がポッコリと出てしまいます。内臓脂肪は、食生活や運動不足、加齢などによって増加します。

腸は、筋肉で支えられています。しかし、運動不足や加齢などで筋力が低下すると、腸が下垂してしまうことがあります。腸が下垂すると、お腹がポッコリと出てしまいます。

骨盤が歪んでいると、お腹がポッコリと出てしまうことがあります。骨盤が歪む原因は、骨盤周りの筋肉の衰えや、長時間同じ姿勢で過ごすことなどが挙げられます。

これらの原因によって、痩せているのにお腹が出てしまうことがあります。

ぽっこりお腹改善するには

食生活の改善
内臓脂肪を減らすためには、食生活の改善が大切です。野菜や果物、海藻類など、食物繊維が豊富な食材を積極的に摂りましょう。また、間食を控える、夜遅い食事を避けるなど、総カロリーを減らすことも重要です。

運動によって、内臓脂肪や腸の下垂を改善することができます。ウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動がおすすめです。また、腹筋や背筋などの筋トレも効果的です。

骨盤の歪みを改善するためには、姿勢の改善が大切です。長時間同じ姿勢で過ごさないようにする、猫背や反り腰にならないようにするなど、意識しましょう。




Translate »
テキストのコピーはできません。