ハチミツレモンは風邪予防に効果がある?ハチミツレモンの作り方





ハチミツレモンには、風邪の予防や症状の緩和に効果があるとされています。

その理由は、ハチミツとレモンに含まれる成分によるものです。

ハチミツには、抗菌作用や抗酸化作用のある成分が含まれています。

これらの成分が、風邪の原因となるウイルスや細菌の働きを抑制し、

感染を防ぐ効果が期待できます。

また、ハチミツは喉の粘膜を保護する作用もあるため、

乾燥による喉の痛みや咳などの症状を緩和するのにも役立ちます。

レモンには、ビタミンCやクエン酸などの成分が含まれています。

ビタミンCは、風邪の予防や症状の緩和に効果があるとされる栄養素です。

クエン酸は、疲労回復や消化促進に効果があるとされています。

そのため、ハチミツレモンを摂取することで、風邪の予防や症状の緩和に効果が期待できます。

風邪の予防
風邪の症状の緩和(喉の痛み、咳、鼻水、倦怠感など)
疲労回復
消化促進

ハチミツレモンは、作り置きしておくと便利です。

作り方は、レモンを薄切りにして、はちみつと一緒に容器に入れて保存します。

お湯割りにして飲む場合は、レモンの薄切りを取り除いてからお湯を注ぎます。

ただし、ハチミツは1歳未満の乳児には与えないように注意が必要です。

また、ハチミツにアレルギーがある人や、糖尿病などの持病がある人は、

医師に相談してから摂取するようにしましょう。

ハチミツレモンは、レモンを薄切りにして、はちみつと一緒に容器に入れて保存するだけです。

作り方

材料

レモン(国産)1個
はちみつ180g

レモンはよく洗い、薄く輪切りにする。

清潔な保存容器に1のレモン、はちみつを交互に入れていく。

レモンが表面に浮かないよう、最後にはちみつをたっぷり注いで1日以上おく。

レモンは、皮ごと薄切りにすると、栄養素をより多く摂取できます。
はちみつは、できれば国産の無農薬のものを使用するとよいでしょう。
保存容器は、煮沸消毒しておくと安心です。

保存方法

冷蔵庫で3か月ほど保存できます。

飲み方

お湯割りにして飲む場合は、レモンの薄切りを取り除いてからお湯を注ぎます。

また、炭酸水割りにして飲むのもおすすめです。




Translate »