大腸がんになりやすい食べ物なりにくい食べ物とは




大腸がんの原因は、遺伝的要因と環境的要因の両方が挙げられますが、
環境的要因の中で、食生活が最も大きな影響を与えているとされています。

大腸がんになりやすい食べ物

赤肉(牛肉、豚肉、羊肉など)
加工肉(ベーコン、ソーセージ、ハムなど)
アルコール

これらの食べ物は、腸内に発がん性物質を産生すると考えられています。

具体的には、赤肉や加工肉に含まれる飽和脂肪酸は、
腸内細菌によって発がん性物質に変換される可能性があります。

また、アルコールは、腸の粘膜を傷つけ、発がん性物質の吸収を促進すると考えられています。

大腸がんになりにくい食べ物

野菜
果物
海藻
豆類

これらの食べ物は、腸内の善玉菌を増やし、
悪玉菌を抑制する効果があるとされています。

また、食物繊維が豊富で、腸内環境を整える効果も期待できます。

具体的には、野菜や果物に含まれるビタミンCやβ-カロテンは、
腸内環境を整える効果があるとされています。

また、海藻や豆類に含まれる食物繊維は、腸内環境を整えるとともに、
発がん性物質の排泄を促進する効果があるとされています。

大腸がんの予防

赤肉や加工肉の摂取を控える
アルコールの摂取量を減らす
野菜や果物を1日350g以上食べる
海藻や豆類を積極的に食べる

また、大腸がん検診を定期的に受けることも大切です。
大腸がんの早期発見・早期治療が、治癒率を高めるためには重要です。




Translate »
テキストのコピーはできません。