黒砂糖の栄養,効果、胃がん、乳がんの発症リスクが低下?

黒砂糖は、さとうきびを絞った原液をそのまま煮詰めて作られた砂糖です。

白砂糖に比べてミネラルやポリフェノールが豊富に含まれていることが知られています。

鹿児島大学の研究グループが発表した研究では、

奄美群島の住民を対象としたコホート研究において、

黒砂糖の摂取量が多いほど、がん全体、胃がん、乳がんの発症リスクが低下することが示されました。

この研究では、黒砂糖に含まれるポリフェノールが、

がん細胞の増殖や転移を抑制する働きを持つのではないかと考えられていることが報告されています。

ただし、この研究はコホート研究であり、因果関係を直接的に示すものではありません。また、黒砂糖の摂取量とがん発症リスクの関係は、地域や個人の生活習慣などによっても異なる可能性もあります。

さらに、黒砂糖は糖分を含む食品であるため、摂りすぎると肥満や糖尿病などのリスクが高まる可能性があります。

黒砂糖ががんを予防する効果があると断言することはできませんが、

適量の摂取は健康に良い影響を与える可能性があると考えられます。

1日に大さじ1杯程度の黒砂糖を摂取するのが適切とされています。

また、黒砂糖はそのまま食べたり、コーヒーや紅茶に入れて飲んだり、

料理に使うなど、さまざまな方法で摂取することができます。

夏に食べたいわらび餅にも、黒蜜をかけて食べたり、きなこも添えることで

健康的でなおかつ美味しいデザートになりますね。

がん細胞ができる理由は、細胞の遺伝子に変異が生じることによってです。

遺伝子は、細胞の形や働きを決める大切な情報です。

遺伝子に変異が生じると、細胞の形や働きが正常に行われなくなり、がん細胞になります。

がん細胞の遺伝子変異

がん遺伝子とは、細胞の増殖を促進する働きを持つ遺伝子です。

がん遺伝子に変異が生じると、細胞の増殖が制御できなくなり、
無秩序に増殖するようになります。

がん抑制遺伝子とは、細胞の増殖を抑制する働きを持つ遺伝子です。

がん抑制遺伝子に変異が生じると、
細胞の増殖が抑制されなくなり、がん細胞の増殖が促進されます。

がん細胞ができるまでには、通常、複数の遺伝子変異が必要です。

これは、がん細胞になるためには、細胞の増殖を促進する一方で、
細胞の増殖を抑制する働きを抑える必要があるためです。

がん細胞の遺伝子変異は、遺伝的要因と環境要因の両方によって引き起こされます。

遺伝的要因としては、親から受け継いだ遺伝子の変異が考えられます。

環境要因としては、喫煙、飲酒、紫外線、放射線、肥満、栄養の偏りなどが挙げられます。

がん細胞は、正常な細胞とは大きく異なる特徴を持っています。

がん細胞は正常な組織を破壊し、生命を脅かす病気となります。






Translate »
テキストのコピーはできません。