コロナ後遺症で咳喘息が止まらない?




コロナ後遺症の咳喘息とは、新型コロナウイルス感染症の治癒後、
咳が続く症状のことです。

咳喘息は、気管支の炎症や過敏性によって引き起こされる咳の一種で、
通常は、空気が冷たい、ほこりや花粉などの刺激物に触れた、運動をしたなどの際に咳が起こります。

コロナ後遺症の咳喘息は、新型コロナウイルス感染症の際に、
気管支の炎症や過敏性が引き起こされることで発症すると考えられています。

また、もともと気管支喘息やアレルギー性鼻炎などの基礎疾患がある場合、
新型コロナウイルス感染症をきっかけに症状が悪化することで、咳喘息を発症することもあります。

コロナ後遺症の咳喘息の症状は、通常、感染症の治癒後数週間から数か月で改善しますが、
は数年以上続くケースもあります。

コロナ後遺症の咳喘息の治療は、気管支の炎症や過敏性を抑えることが目的となります。

吸入ステロイドや吸入気管支拡張薬などの薬物療法が用いられます。

また、咳の原因となる刺激物や環境を避けることも大切です。

コロナ後遺症の咳喘息の予防には、新型コロナウイルス感染症の予防が重要です。
マスクの着用、手洗いなどの感染対策を徹底しましょう。

コロナ後遺症の咳喘息の症状が続く場合は、
早めに医療機関を受診して、適切な治療を受けることが大切です。

咳が続く
数週間から数か月、数年以上続くこともある
空気が冷たい、ほこりや花粉などの刺激物に触れた、運動をしたなどの際に咳が起こる
咳が夜間や早朝にひどくなる
咳に痰が伴うこともある

この症状に当てはまる場合は、コロナ後遺症の咳喘息の可能性があります。




Translate »
テキストのコピーはできません。