仕事中の眠気、耐えられないストレスに感じる・・・眠気対策




仕事中に耐えられないほどの眠気が続く場合は、
何らかの原因があると考えられます。

睡眠不足
睡眠の質の低下
過労
栄養不足
病気(ナルコレプシー、睡眠時無呼吸症候群、特発性過眠症など)
ストレス
薬の副作用

まずは、睡眠不足や睡眠の質の低下が原因でないか、確認しましょう。

睡眠の質を高めるためには

毎日同じ時間に就寝・起床する
寝る前にカフェインやアルコールを摂取しない
寝る前にスマホやパソコンの画面を見ない
寝室を暗く、静かにする
寝具を清潔に保つ

それでも眠気が続く場合は、過労や栄養不足、病気、
ストレス、薬の副作用などが考えられます。

過労や栄養不足が原因の場合は、
生活習慣を見直すことで改善できる可能性があります。

また、ストレスや薬の副作用が原因の場合は、
原因を取り除くことで眠気が改善する可能性があります。

仕事中の眠気を解消するためには、まずは原因を特定することが大切です。

カフェインを摂取する
冷たい飲み物を飲む
深呼吸をする
ストレッチをする
眠気覚ましのツボを押す
休憩中に仮眠をとる

カフェインは、中枢神経を刺激して眠気を覚ます効果があります。

休憩中に仮眠をとると、眠気を解消して仕事に集中できるようになります。

また、仕事の合間にこまめに体を動かしたり、軽い運動をしたりすることも効果的です。

仕事中の眠気は、仕事のパフォーマンスの低下や、事故やケガの原因にもなります。




Translate »
テキストのコピーはできません。