人を裏切った後の恋愛その後,不倫の因果応報とは




人を裏切った後の恋愛は、様々な困難を伴い、簡単ではありません。

関係修復には、長い時間と双方の努力が必要となります。

裏切りの内容によっては、関係修復が難しい場合があります。

配偶者がいるのにもかかわらず、他の異性に魅力を感じてしまい、
浮気のつもりが本当に好きになってしまった・・・
ダメだとわかっていても、会うことがやめられない・・・

好きで会いたくなってしまう

正直言えば、配偶者よりも好きなのかもしれない・・

満たされない心を埋めてくれる相手に出会ってしまうと、
人は頭ではダメだとわかっていても、止められないこともあるのかもしれません。

特に、もう別れたいと思いつつも、相手から何度も連絡が来たり
両想いになっていたりすると・・・

配偶者の気持ちを考えずに、自分の想いを優先していると、
後でとんでもないことになってしまいます。

確実に配偶者やこどもを傷つけることになるのは目に見えています。

家でお料理を作っていたり、買い物をしたり、子育てをしている中、
旦那の帰りを待っているのに、
外で実は嘘をついて浮気をしていたとしたら・・・

とても悲しい気持ちになりますね。

結婚式で誓った愛は、なんだったのだろう・・・とむなしくなります。

浮気や金銭的なトラブルなどは、相手にとって
大きな心の傷となり、関係修復が困難になる可能性があります。

不倫は、関係者すべてに深い傷跡を残す行為です。

浮気されていたと知ったら、配偶者はひどくショックを受けます。

相手を信じていたなら、相当な悲しみや怒りの感情になります。

不倫は道徳的に間違っており、社会的制裁や周囲からの批判を受ける可能性があります。

まさに因果応報を受けることになってしまいます。

一夫多妻制ではない日本では、結婚したら、他の異性と
親密になり不倫するのは、社会的にNGです。

とは言え、人の心は揺れ動いてしまうもの・・・

しかし、妻子ある身なら、
気持ちはなかったことにするか、抑えるかしないといけません。

単なる浮気心で、不倫すら遊びの関係であれば、
配偶者だけでなく、浮気相手も傷つけることになり、
最悪です。

人を傷つければ、遅かれ早かれ、自分も辛い目に遭う。

これは仕方ありません。

家族、友人、恋人など、
築き上げてきた人間関係を壊してしまう可能性があります。

不倫が離婚や慰謝料請求に発展する可能性があり、
経済的な損失を被る可能性があります。

これらの報いは必ずしも目に見える形で現れるわけではなく、
心の奥底に深い傷として残り続けることもあります。

不倫の代償はすぐに訪れる場合もあれば、何年も後に訪れる場合もあります。

不倫は自己責任であり、起こってしまった結果を受け止める覚悟が必要です。




Translate »
テキストのコピーはできません。